94.私ってどんなだっけ? | 彼女じゃない恋愛*愛した男には彼女がいた
2005-08-05

94.私ってどんなだっけ?

テーマ:彼女じゃない恋愛

会う、会わないといった彼との討論。
結局あやふやなまま終わってしまったようだ。
彼のメールが返ってこなくなり、私は親友に電話をした。
夜の深い時間だ。


「ね、もしあんたが男でウチの彼氏やったとする」
「えらいまた急な展開」
「で、あんたにはウチ以外に好きな人がおる」
「例えばの話やけど、そう思われへん例え話やな」
「ウチはあんたに、もう会いたくないって言うねん。どう感じた?」
「いや、もう少しヒント頂戴よ」
「あんまり言うと実験にならんやん」
「どんな状況とか・・・」
「あんたがウチに会いたいって言うねん。でも辛いから会いたくないって」
「うーん、ってかぶっちゃけあの人の事やろ?」
「そうやけど・・・」
「あの人が本気であんたの事好きとか解からんもん」
「好きの度合いで変わってくるわけ?」
「そりゃね・・・面倒くさけりゃ切るでしょ」
「仕方ない・・・」
「え?」
「仕方ないって言わはった」
「どういう意味?」
「さぁ?俺はお前が好きやって」
「はぁ?」
「さぁ?」


二人、無言になってしまった。


「ね、今、ウチの気持ち推測できる?」
「彼女と別れて欲しいって事じゃないの?」
「・・・そう」
「あの人の言葉を待ってる」
「・・・そう」
「誰が見たって解かるよ」
「そうかな・・・でもあの人は勘違いしてるっぽい」
「うーん、それもどうかな?」
「解かってるって事?」
「あの人結構あんたと似てて、踏み込めんタイプやしな」
「まぁね」
「ここまで来るのに4年やで!」
「4年ね・・・」
「ってか、4年もあって何で二股やねん!!ムカついてきた」
「ウチもやっとやけど・・・」
「あぁ~、もうあんたら何やってんの?って感じ。せのりかって、バシっと言えば良いし、あの人かってバシッと決めればいいのに!あんたらのやってる事本当嫌い」
「ウチもあんまり好きくない」
「あんたはもっとえぇ女やった筈やで。ただの女に成り下がってなや!」


親友に渇を入れられたが、私って一体どんなだったろう。
親友との電話を切り、PCを立ち上げホームページにありのままの日記をつけた。
直ぐに反応があり、1通のメールが届く。


> アネゴはスーパーサイヤ人です。
> 最強戦士です。
> 心優しい弱い部分もあるけれど、強い人ですよ。

スーパーサイヤ人?!

そう弱いだけじゃなかった。
だけど、違うんだ・・・強がってただけなんだ。
そんな強がりを強さに変えられたらって思ってきた。
私の願望。


何度も奮い立ち何度も挫けてきた。
私はACだからという逃げ場所があった。


私はACで、愛が足りないと感じてしまうのは否定できない。
それに気付いたらどうするべきなのか。
これからの課題になりそうだ。

私はACとして生きてゆく。
ただのACにはなりたくない。
高い高い壁を登り、怖くて降りられなくて越える事ができなくとも、私は壁の天辺でもがき続ける。


あと、もう少しだけ声が欲しい。

彼に気持ちを伝えられる声が欲しい。

本当の私を知って欲しい。

結構弱い成りに意地っ張りな強い気持ち持ってるんだ。

知って欲しい。


未来の私はどんなだろう?

見ていてくれますか。



← 93 ]  [ 95 →

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。