2005-07-23

83.またね・・・

テーマ:彼女じゃない恋愛

午後3時を回ったくらいに、彼は「そろそろ」って言い出した。
早くない?
「うん」と私は言いながら、彼から顔を背けた。
私の癖だ。
寂しい顔、見られたくない。


気まずい 「ごめんね、俺、実はまだ仕事残してて明日までにやらなきゃいけないんだ」
「うん、大丈夫だよ」
「・・・大丈夫ならそんな顔するなよ」
「ワガママ言ったてしょうがないじゃん」
「強がるなっていつも言うてるやろ」
「言わない」
「何で?」
「ワガママ言いたくない」
「何で?」
「困るでしょ」
「困らないよ」
「言わない」


彼は車を走らせ、私の家へと向かってる。
気まずい無言が流れる。

私の家の前について、彼は車のエンジンを切った。


「再来週来るからね」
「うん」
「こっち向いてよ」
私は彼の顔を見たけど、やっぱり耐えられなくて目線だけは外したまま彼の方を向いた。
「家帰ったら、メールして」
「何を?」
「うーん、昨日と今日俺と会った感想とか?」
「何それ」
「まぁ何でもえぇからメールして」
「うん…」


やっぱり何となく気まずい。
私の所為だ。
こういう時、どんな顔をすればいいの、どんな風に言えばいいの。
私は大好きな人と笑顔で「またね」なんてやり方知らない。
寂しいって気持ちが押し寄せてる。
そして、少しの後悔。
そして、本当にまた会えるのかと言う恐怖。
私は、これでいいんだろうか。
また、本当に会ってくれるのだろうか。
泣きそう。


少しの無言を感じた。
ほんの少しだったように思うけれど長く感じ、居た堪れなかった。


「じゃ、じゃぁ帰るね、仕事頑張って」
私は焦ってそう言った。
「あぁ」


また無言が訪れる前に、私は車のドアを開ける。
立ち上がる前に彼の顔を見た。
とても寂しそうな顔に見えた。
もしかしたら、こんな私の姿に悲しんでいる顔かもしれない。


「チューはないの?」
彼が無理やり笑ってそう言った。

どうしよう、そう思いながらドアを開けたまま私は固まった。
「ほら、早くして」
彼が私を急かせる。
「・・・できないよ。あなたがして」
私がそういうと、彼は今までで一番熱く激しいキスをした。


挙動不振になる。
息が上がったまま、私は立ち上がり車から降りた。
「じゃ、じゃぁメールするから」
「あぁ、また再来週な」
「う、うん、またね」
「おぅ、またな」
私は急いで車のドアを閉めた。


恥ずかしい・・・。


私は振り返りながら、手を振り家に駆け込んだ。
玄関を閉めると、彼の車のエンジンがかかる音がした。
彼が走りさるまで、ずっと玄関で音を確かめるように聞き入った。


またね・・・。



← 82 ]  [ 84 →
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■> uraprdさん

うん、確かに違った観点だけど、こうやって違う観点で読むとおもしろかった。

1 ■似た光景

トラックバックしてみました。
違った観点だけど
また共通点かな♪

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。