大放言・毒を吐くブログ アメーバ版

Yahoo!ブログ「大放言・毒を吐くブログ」のアメブロ版です。

独断と偏見で記事を選んでの更新となります。

全ての記事をご覧になりたい方はYahoo!ブログ「大放言・毒を吐くブログ」を御参照下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/imadon1101

予めご了承下さい。


テーマ:


文在寅政権による日韓慰安婦合意検証に基づく韓国側の新方針、何をするのか?と思ったら

・合意破棄・再交渉は行わない

・韓国政府も「和解・癒し財団」に10億円を拠出

・日本が拠出したカネの残りは凍結

・凍結したカネの扱いは日本側と今後協議

と、言う事らしい。


http://www.sankei.com/world/news/180109/wor1801090029-n1.html


合意が

「両国間の公式合意だったという事実は否定できない」

と言う「当たり前」の事が判るのにどれだけ時間と労力を無駄にしてきたのか?その時点でこの政権の無能ぶりは明らかだが、それでもこの阿呆政権は「合意の意味」を完全に理解している、とは言い難い。

「和解・癒し財団」の本来の目的は

「日本が拠出した10億円を資産運用し、その運用益を自称元慰安婦の為に使う」

事だ。日本は原資を拠出するだけでその運用や利益の使い方は韓国側が決める事、と言うのが合意での取り決めである。韓国側はそのカネを自称元慰安婦に現金支給したが、厳密に言えばそういう使い方は「合意違反」である。もっとも日本からすればその10億円は「手切れ金」であり、財団が資産運用に失敗して損失を受けたとしてもそれを補填する義務もなければその他の責任を負うものでもない。要するに

「払ってしまえば後は知った事ではない」

と言うスタンスなだけに「黙殺」しただけでしかないのだ。

従って韓国政府が10億円を拠出しようが関係ない。

「上手く運用して自称元慰安婦の為に使えるカネを捻出してくれ」

と、言ってやるだけで事は済む。

問題は

「日本側が拠出した残りの資金を凍結し、その扱いを協議する」

と言う点である。


と、言う日本の姿勢からすれば

・その協議には応じない

・応じたとしても「それは韓国側が決める事」とだけしか言わない

と言う対応は目に見えている。韓国側はそういう事までは考えていないのか?後はせいぜい

「韓国側が提示する具体的投資プランにアドバイスする」

程度であろう。勿論日本側の追加拠出など「絶対に有り得ない」事だ。

日韓慰安婦合意の本質は

「国際問題化した慰安婦問題を『韓国の国内問題に転換』」

する事にある。だから日本が関与する筋合いなど「最早存在しない」のである。事此処に至って韓国政府が対外的に発信するものでもなければ日本政府が協力するものでもない。その意味が判らないのもそれに沿った政策を実行出来ないのも全て韓国政府の無能を示すものだ。言えば言う程韓国の国際的信用を失墜させ、恥を上塗りする結果しか生まない。また、韓国側は「国民が納得しない」から合意を「誤り」と断じたのにも関わらずどう国民を説得するのか?出来るなら最初からそうすれば良かっただけの話で検証に意味はない。一方でそれが出来ないなら「合意を維持する」と、表明した意味がなくなる。やっている事は「筋が通っているように見えるが実はチグハグ」なのである。


だが、あれこれ言う前に韓国側は自分達の義務をまず果たすべきなのは言うまでもない。言いたい事は例の醜悪な出鱈目慰安婦像を撤去してから言うべきだ。それも含めて韓国側の「国内対応」は見物である。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Hannibalさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。