弓具のメンテナンス | 素晴らしい人生を謳歌しよう

素晴らしい人生を謳歌しよう

2006年9月からブログを書き始めて17年が経過しました。不動産のこと、趣味のことなど話題が盛りだくさん。


弓道場に入ると段位別に会員さんの名札がかかっている。
今日いつものように弓道場に入ると、幹事のNさんが名札を移
動させていた。そういえば昨日、山口市の弓道場で昇段審査が
あり、後輩のKさんが3段を受けたのを思い出した。

3段会員さんの名前を見ると、Kさんの名札が一番左端に掛け
替えられていた。今回で6回目の挑戦だっので、それを見て
ホッと胸をなでおろした。弓道の射型、的中率も申し分なかっ
たのになぜか審査になると合格できなかった。

3段審査からは体配をしながら、矢を2本放つわけだが1本は
的中しないと合格できない。Kさんは練習では、ただひたすら
的中することだけを考えて稽古を積んでいた。だが話を聞くと
それ以外に大切なことをおろそかにしていた。

前回の審査では、弓から矢が「ポロリ」と落としたという。
聞くと、弓を引くとき弦の中仕掛けがゆる過ぎて失矢をしたら
しい。それを聞いてKさんに「弓のアフターメンテをしっかり
しないと、本番ではうまくいかないよ」と言った。

道場に着くと弓の弦を張って準備をするが、私は弦を張る前に
前回使用した輪っかを一旦といて、最初から作り替えている。
そうすることで3分ほど余計に時間がかかるが、弓と弦の状態
がなじんでよくわかるようになるからだ。
今回は弓のメンテナンスもしっかりしたので、上からおりてき
て一発目がみごと的中したという。


                                     
今日のブログがよかったらクリックしてね
                                     ↓ ↓ ↓ ↓
下松市賃貸情報    http://www.sennenhome.sakura.ne.jp