風のつぶやき
癒し💕
有村架純ちゃんのつぶやき
松井五郎 さんのつぶやき
吉田知那美さんのつぶやき
槇原敬之さんのつぶやき
JUJUのつぶやき
滝川クリステルさんのつぶやき
中川翔子さんのつぶやき
夏菜は5月23日生まれ、中川は5月5日生まれ、徳永は5月9日生まれという偶然が重なった今回。
4人の中で唯一2月生まれという佐々木だが「私までみんなから貰っちゃって…ありがとう」と、中川の愛猫・メポがデザインされたハンドタオルをプレゼントされたことを報告している。
佐々木は「メポのタオル! カワユスなぁ わいわい楽しい現場だ」とつづっている。
さんファンのつぶやき

SHINee

あやさんの海苔文字弁当
ジャンボ鶴田
タイガーマスク
ユーミンの言霊
1979年6月、約4年間の音楽活動休止を経て、活動再開したブレッド&バター。

その活動再開にあたり、バックアップをしたのが、松任谷正隆・由実夫妻でした。


「あの頃のまま」は、作詞・作曲:ユーミン(呉田軽穂名義)、アレンジ:松任谷正隆という布陣で制作されていますが、1970年代という”夢の時代”の終焉を迎え、ユーミンは
”変わらないぼく”と”たあいない夢をとっくに切り捨てた君”
という恋人達のシチュエーションに置き換え、移りゆく時代を切なく描いており、去りゆく60年代~70年代の象徴として、歌詞に”サイモン&ガーファンクル”も登場しています。

また、ユーミンは、「歌詞の人物とブレバタが重なるように意識して作ったナンバー」と語っています。
ブレバタのふたりによる歌とコーラスはウェット感に溢れ、曲のイメージをよりリアルに描き出して
シンプルな分、歌詞の切なさがより伝わってきます。

ブレバタというと、どうしても”夏”のイメージを思い浮かべますが、この曲はなぜか”冬の街”を連想させます。

【松本隆 回顧録】

『アゲイン』
歌:アグネス・チャン
作詞:松本隆/作曲:吉田拓郎
復帰したアグネスの心情とスタンスをそのまま描いたようなドラマチックな詞に、御大の美しいメロディーがシンクロする。
「ローリング30」のために吉田=松本に降りてきているミューズ(芸術の女神)のおこぼれを頂戴したような佳作である。
松本隆の詞の冴えが素晴らしい。”革張りの旅行鞄は青春のスーベニールよ”…こんなしゃれた詞がいままでにあっただろうか。”点になる蒸気機関車、霧晴れてあなたが見えた”…なんという情景描写の巧みさ。映画みたいだ。
おしまい( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆