長崎県対馬市の万松院です。

宗氏の菩提寺で、宗氏の墓所があります。

金石城の搦手門出たところにありました。

正門は対馬最古の建築物(1615年)で、両側の仁王は享保年間のもの。

 

本堂には大陸からの渡来品ぽいものが・・

朝鮮国王から贈られた三具足(青銅の花瓶・香炉・燭台)とのことです。

 

境内には宗家墓所があります。

けっこう立派だなあと思ってたら国指定史跡でした。

石垣がふんだんに用いられています。

対馬は五千石程度でしたが、貿易で十万国以上の国力があったらしいです。

だからこれだけ立派な墓所を造れたんでしょうね。

 

宗義智の墓

歴代の当主の中でも随分苦労して、家名を残した方だと思います。

 

御朱印

 

 

 


戦国時代ランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村