宮城県白石市にある白石城です。

「しらいし」ではなく、「しろいし」と読みます。割と最近まで前者で読んでましたが(^_^;)

戦国時代には伊達家臣の白石宗実がこの辺りを治めてました。

のちに上杉領になったけど、関ヶ原の戦い時に伊達政宗が奇襲して奪取、片倉景綱が城主となりました。

日本続100名城に選定され、天守受付でスタンプを押印。

 

天守等は復元で、石垣が少し残っている程度のようです。

この辺りが石垣の積み方が切り替わってて、こちら側が野面積みになっています。

 

井戸

 

本丸御殿跡

かなり立派な御殿があったようです。

伊達当主の宿所になる御成御殿、公式対面所の表御殿、城主の生活空間である奥向御殿の3つから構成されていました。

 

御城印

 

 

 


戦国時代ランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村