こんにちは!

4S[フォーエス]です。




塩基性カラーをマナミさん(4Sスタイリスト)に試してみました。


前回のヘアマニキュアから2週間。


ほぼ色は落ちちゃいました。

前処理をしなかったのもありますが、もともとヘアマニキュアの性質上ダメージ部分(毛先など)には色の付きが悪いという特徴があります。

それにしてもヘアマニキュアの色落ちは早かったですね。



塩基性カラーのピンク。


↑       ↑       ↑

かなり濃厚なピンク色。



ちなみに、

塩基性カラーとヘアマニキュアの見た目の違い。

(メーカーで色味は変わるので参考程度に)

↓       ↓        ↓


どちらも同じピンク色です。


他は比べていないので何とも言えませんが。

ヘアマニキュアのほうが透明感があり、塩基性カラーは濃厚なクリームのような感じですね。




前回のヘアマニキュアを落として塩基性カラーをしたかったので、脱染剤を使いました。


脱染剤とは?

メラニン色素すべてを分解するブリーチ剤とは違い、染めたカラー剤にだけ反応して分解してくれます。



ブリーチ剤より圧倒的に髪の毛のダメージが少ない脱染剤ですが…やはりそれなりに負担はあります。

ただ写真のように脱色パワーはないですし、オキシ濃度も3%以下にすることで、より髪の毛の負担を減らすこともできます。

この辺は髪の毛のダメージに直結するところなので、よく担当スタイリストと相談してください。


今回はしっかりと!


塩基性カラー専用の前処理剤を使用してからカラーをしてます。



おぉー すげ〜色‼️



シャンプーです。

ヘアマニキュアにも言えることですが、塩基性カラーもシャンプーするたびに色落ちします。



ただヘアマニキュアよりも塩基性カラーの方が色持ちは全然良かったです❗️


塩基性カラーの性質でもあるダメージ部分(毛先など)にはしっかりと色が付くので、写真のようなデザインには有効ですね。



毛先13レベルくらいの明るさでもピンクや赤系の色は比較的付きやすいです。



もちろんハイブリーチ(明るく)するほど、それに比例するように色味は鮮やかになっていきますが…


髪の毛に負担はかかっていきます。



明るくしたい、鮮やかな色のカラーをしたい。

でも髪の毛や頭皮に負担をかけたくない。

アルカリカラー?

オーガニックカラー?

ヘアマニキュア?

塩基性カラー?

何を1番にしたいのか?

優先順位を決めて、担当スタイリストに相談していただくといいと思います。

_______________
4Sには男性1名、女性1名のスタイリストが在籍しております。
ご希望でしたらお気軽にご指名ください。

TEL 0369029830[予約制]
4S[フォーエス]

インスタグラムもしてます。