15年以上独立系FPをしておりますが、マイホーム購入相談では、

不動産の仲介業者に先に問い合わせをしているとFPとしてのアドバイスやサポートが非常に限られてしまいます。

 

購入者は少しでも条件が良い住宅ローンを選びたいが、仲介業者は住宅ローンでごちゃごちゃするよりも早く契約を成立させたい、決済して仲介手数料(3%+6万円+消費税、特には×2)をもらいたい。

 

物件や契約におかしな点があることに気づいてもそれを伝えることによって、契約しない→FPのアドバイスが営業妨害と受け取られる。

 

住宅ローンの融資が通りにくい方(自営業や過去に滞納歴)が通りやすいように、作戦を練って審査の申し込みを勧めたいが、仲介業者は融資が通らないなら通らないと早く見切りをつけたい。

 

不動産仲介業者は早いもの勝ちの傾向が強いので、なおさらです。

気に入った物件があったので、最初に問い合わせ・案内をした仲介業者があまりよくなくて、他の仲介業者にしようとするととてもトラブルになり揉めます。

 

数十万円以上の仲介手数料が入るか0かの瀬戸際なのである程度はわかりますが、購入する方としては、

一生で一度の大きな買い物になるわけですから安心して契約をしたいところです。

 

また、ごくまれですが書類を偽造してでも融資を通そうとする仲介業者もいます。※組織的なアパート経営への融資で問題になりました。

 

そのような違法行為は絶対にダメですが、その注意すら営業妨害と思われてしまいます。

 

それが、最初にFPに相談→仲介業者の場合は、仲介業者からするとFPはお客様を紹介された立場になりますので、優位性をもちます。

すなわちFPのアドバイスは営業妨害になりません。※もともとFPが紹介したお客様のため、もしも契約成立しなくても損にはならない。

 

正当な手続きで購入者に有利にマイホーム購入手続きを進めることができます。

 

気軽に仲介業者に問い合わせをする前にFPへの相談をお勧めします。