7月末のある日、南蔵王・屏風ヶ岳に登ろうと家を出たのですが、ちょっと出遅れた上に、刈田峠の駐車場から屏風ヶ岳方面を見ると、山頂にかかったガスがなかなか取れない。おまけに、天気予報では午後雷雨の可能性も言っていたので、あっさりあきらめ"(-""-)"

そのまま帰るのもしゃくなので、蔵王温泉にある「鴫の谷地沼」という、ため池に寄り道しました。


真夏の昼下がり、訪れる人もなく、駐車場の木陰で車を停めて昼寝している方が何人か。


沼の周囲には、あちこちでヤマユリが咲き誇っているのですが…

妖しげなかおり、と、艶やかな花姿。この「妖」にして「艶」なるおおぶりな花は、「万年青年」?の私には刺激が強すぎて、ちょぴっとばかり苦手なんです。実のところ。


ついつい、木陰にひっそりと咲く、小さな花たちに目が行ってしまうんです…






じっとしているだけでも汗が流れだしていたこの日、こいつだけは涼しそうでした。


※この記事の写真は7/30に撮影したものです。

(この稿おわり)