もっとあなたらしく。審美眼を磨く、太田文子備忘録。

もっとあなたらしく。審美眼を磨く、太田文子備忘録。

仕事と家事と育児と遊び、めいいっぱいやってきた。
ある日突然 乳癌の診断を受ける。人生がガラリと変わるとはこのこと。
生きること、暮らすこと、豊かさって何?ストレスフリーの日々のヒント。もっとあなたらしく。審美眼を磨く毎日備忘録。


テーマ:

1年ぐらい前から 我が家でよく使う言葉「審美眼」。
 

辞書で調べると「美を的確に見極める能力」と書いてあります。

母校の華道部を指導するようになって、久しぶりに花型法にのっとった花をいけてみて。
 

最初は、どんな意味があるのかな?と密かに思っていたのですが、

 

なるほど自然と長さや奥行き、立体感、空間把握力が鍛えられていくわけです。

それがセンスの入り口。

「私はこれが美しいと思う。私はこれが好きです。」

そんな風にはっきりと言えること。

自分流の審美眼を見つけ出す。

それが豊かさへつながるヒントだと、私はそう感じています。

それがおそらく 私が花に魅了された理由。

instagram #otaayakosenbun

////////////////////////////////////////////////

Ota Ayako Flower Coaching School
★実力派フローリストになりたい人向けフラワースクール
『フローリスト育成ブライダルフラワーマスタースクール』

 4月14日まもなくスタート!超少人数制3名(残席わずか)
私が直接、個性を引き出して1から教えます。
 

★ SALON adam et roope 東急プラザ銀座店
 SENBUN meets SALON adam et rope' GINZA - 器によりそう- 食卓を彩るための花の活け方 ワークショップ

 3月31日 ①15時~ ②16時~ ③17時~ 

 

////////////////////////////////////////////////

●店舗ディスプレイ、住空間コーディネイト、ウェディング装花
「魅了する空間」 SENBUN 花とデザイン

////////////////////////////////////////////////



 


テーマ:

ガラリと音が聞こえたのは2月の頭くらいです。
ガラリと音を立てて、目の前の景色が変わりました。

乳癌の診断を受けました。
とにかくできること、良いと思うことを扱った1ヵ月半。
ブログもしばらくお休みしました。

道筋が見えると気持ちも落ち着いて。
私が今伝えられることを伝えようというところにいます。

何しろガラリと音を立てたもので。
ブログのタイトルもガラリと変えちゃいます。

今の自分で。
もっと私らしく。

SENBUNという花と空間デザインの会社をやっていて、
フリーランスの時は私の名前自体をSENBUNでやっていたときもありました。
「太田文子」と「SENBUN」の線引きを難しいと感じる数年がありました。
でもちょうどこのタイミングで、次のステップへ進みました。

もっと私らしく。
もっとあなたらしく。

昨年から審美眼、という言葉がキーになっています。
花にも日々にも、健康にも、心にも。
そうあらためて感じ始めたとき。
病気が色々気付かせてくれました。

ガラリと変えて、伝えていきます。
もしからしたらむかーしから私を知っている友人は、変わったというより、戻ったと思うかもしれません。

いずれにしても。らしく。ね。







 


テーマ:

先日行ったフローリスト向けのブーケワークショップでのこと。


同じ花でナチュラル、クラシカル、モダンを作り分ける を 実践しました。


そのおまけとして

ブーケには欠かせないブートニア作りもやりました。


そのひとコマ。


{5E0C359C-5718-4153-8657-D513F9E5F0E9}

彼は、数年前結婚式の花を担当させていただいた御新郎様で。私の花に感動した!といって、その後SEの仕事を辞めて花業界に飛び込んだ勇敢な方!

何としても成功してもらい!

今職場で課題だというブートニア作りをやってもらいました。

◯課題
ダブルローズブートニアを10分でつくる

やってもらって数分。
手が早くならない理由がすぐわかりました。



 答えは1つ!

「腹筋に力を入れろ!」




物事の上達って、実はそんなところにあったりする。


もう一度作って、3分時短!

さらに改善点を伝えて、今の技術で目指せ5分!

プロでやるなら3分でしよ!


自分でもそんな指導をするとは思ってもみなかったけど、笑。

内なる勝負師魂を再確認した午後でした。


時短、効率アップのカギは、腹筋にあり!

 

////////////////////////////////////////////////

Ota Ayako Flower Coaching School
★実力派フローリストになりたい人向けフラワースクール
『フローリスト育成ブライダルフラワーマスタースクール』

 4月スタート!

2月中お申し込みの方は、名入り鉄バサミプレゼント!その他お申し込み特典あり。
 

★スクール体験ワークショップ開催中

『いつでも胸に花束を』フラワーコサージュをつくろう
2月6日、10日、13日 各回13:00~16:00 \2160 
@SENBUNアトリエ(JR池袋駅からバスで15分程)
ワークショップ詳細・お申し込みはこちら。
 

◆センスアップしたい人向け回数制お花教室

『IKEBANA造形教室』

////////////////////////////////////////////////

●店舗ディスプレイ、住空間コーディネイト、ウェディング装花
「魅了する空間」 SENBUN 花とデザイン

////////////////////////////////////////////////


テーマ:

週に1度、母校の華道部の指導をしています。

いつもクールで、淡々とした感じの部長が
ここ2週、どうやらなにやら落ち着かない。

隣の子のところに行っては、わちゃわちゃーっと話まくっている。
手元の花は生けるどころか、ぐちゃぐちゃーっとなっている。

「おーい、部長、どうした?」

話を聞くと、昨日買ったマンガが面白くなかった。
帯の解説と全然違って、裏切られたという話。

?今日校内一斉テストでしたよね?前日にマンガ買ったのか?

という、心の声は出さずに。
そうかそうかと話を聞いてみる。

ポイントは受験から逃げている。

向き合いたくない、考えたくない、そうしてると

花がいけられない。

花の乱れは、心の乱れ。

運針とか、写経とか、ドリルみたいだ。

毎日のたしなみ、毎日の繰り返しの中にある

精神統一動作のような。

そのバロメーター的な。

「部長、来週の華道部までに、将来何をしたいのか、それをするためにはどこの学校を受験をしたらいいか、徹底的に調べてきて。勉強はそれからでいい。その方が効率がいい。」

 

花を見てるとすぐわかる。
その人のいるところ。

木を見ず、森を見ろ。

あきらめたくないあなたへ。
そして向上心のあるあなたへ。

 

 

////////////////////////////////////////////////

Ota Ayako Flower Coaching School
★実力派フローリストになりたい人向けフラワースクール
『フローリスト育成ブライダルフラワーマスタースクール』

 4月スタート!2月中お申し込み特典あり。
 

★スクール体験ワークショップ開催中

『いつでも胸に花束を』フラワーコサージュをつくろう
2月4日、6日、10日、13日 各回13:00~16:00 \2160 
@SENBUNアトリエ(JR池袋駅からバスで15分程)
ワークショップ詳細・お申し込みはこちら。
 

◆センスアップしたい人向け回数制お花教室

『IKEBANA造形教室』

////////////////////////////////////////////////

●店舗ディスプレイ、住空間コーディネイト、ウェディング装花
「魅了する空間」 SENBUN 花とデザイン

////////////////////////////////////////////////


テーマ:

大学卒業後、どうしても活けこみやデコレーションの花の仕事につきたくて、六本木のフラワーアーティストのお店に飛び込みました。

最初の1年半はとにかくアシスタント業。花に触れるのは水揚げの時ぐらいで、後は水汲みや配達、ボスや先輩たちの手元となって、先読み先読みからの、行動。

タバコを手にしたら、ライターをさっと出す。お店の奥に着たら、イスとコーヒーをさっと出す。ミルク砂糖は2個ずつ。この先輩は砂糖2ミルク2、この先輩はブラック。

技術は目で見て盗め、的な世界で。
段取り良く物事が回れば、「じゃあちょっと今日は時間があるから、これいけてみる?」っていう具合に、自分に花をいけるチャンスが回ってくる。

それだけに先読み上手になる。

8cd7e14a185dbc3ba20ebb4638650b3d_3acc48f8058483d

花は、ものによっても、季節によっても、開花時期も具合も違うから、いっぺん通りの段取りじゃ効かない。
毎日違う。
生き物相手の仕事をしているひとは、きっと毎日感じている。

毎日の勝負。
花仕事に鍛えられた、段取り力。

それでも上手くいかないのが、我が家の息子。3歳。
こちらも総じて、毎日違う。


保育園の登園の週6日。
私が先読みして段取りしても
3勝3敗の1週間。

もうこれは、息子に段取りを教育するしかないと思った今朝。

時計の長針を指差して。
6になったら出発。
4になったら靴をはく。
3までは遊んでよし。

息子よ。
先読み上手になれ!

あきらめたくないあなたへ。
そして、向上心のあるあなたへ。

////////////////////////////////////////////////

Ota Ayako Flower Coaching School
★実力派フローリストになりたい人向けフラワースクール
『フローリスト育成ブライダルフラワーマスタースクール』

 4月スタート!2月中お申し込み特典あり。
 

★スクール体験ワークショップ開催中

『いつでも胸に花束を』フラワーコサージュをつくろう
2月4日、6日、10日、13日 各回13:00~16:00 \2160 
@SENBUNアトリエ(JR池袋駅からバスで15分程)
ワークショップ詳細・お申し込みはこちら。
 

◆センスアップしたい人向け回数制お花教室

『IKEBANA造形教室』

////////////////////////////////////////////////

●店舗ディスプレイ、住空間コーディネイト、ウェディング装花
「魅了する空間」 SENBUN 花とデザイン

////////////////////////////////////////////////


テーマ:

花を活けている時と 台所で料理をしているときの感覚は一緒。

ある材料で 痛みの早いものから先に いかに早く作るか。


早いんだけど、ちょっとひと工夫。それがうれしい。

手数、肯定が多いと時間がかかる。


最近流行の料理本も時短、簡単が良く目に付く。

花も同じく。
数日後の咲き具合、花の持ちを考えて、今使う、今残す?
本数多いと切る回数、挿す回数が増える=時間がかかる。


いかに少ない工程でイメージまでもっていくか。
ただ少なくすると、味気ない。
 

その絶妙なオトシどころを、毎回狙って走っていく。

一瞬一瞬が瞬時の判断。

それが花技、時短技。

 

「家でおにぎりを握っていると、文子さんの声がするんです。

そのおにぎり、何回握ってるの?そんなに握る必要あるの?」

 

!!!!!

 

「文子さんと一緒に花をいけるようになって、家事が早くなりました。」

 

何も足さず、何も引かず、十分なものごとの量。

絶妙なオトシどころを狙って勝負!

 

 

あきらめたくないあなたへ

そして向上心のあるあなたへ

 

////////////////////////////////////////////////

Ota Ayako Flower Coaching School
★実力派フローリストになりたい人向けフラワースクール
『フローリスト育成ブライダルフラワーマスタースクール』
★センスアップしたい人向け回数制お花教室

『IKEBANA造形教室』

 

=スクールオープン記念特典あり!

 

★ワークショップ開催中

『いつでも胸に花束を』フラワーコサージュをつくろう
2月4日、6日、10日、13日 各回13:00~16:00 \2160 
@SENBUNアトリエ(JR池袋駅からバスで15分程)
ワークショップ詳細・お申し込みはこちら。

 

////////////////////////////////////////////////

●店舗ディスプレイ、住空間コーディネイト、ウェディング装花
「魅了する空間」 SENBUN 花とデザイン

////////////////////////////////////////////////
 


テーマ:

最近よく喋るようになった3歳の息子。

保育園で何してきたの?と聞けば、

決まって「おはなししてきたのー。」と言う。
本当によく喋る。
 

夫婦で仕事をしていると時間問わず仕事の話をするときもあり、

そんなとき決まって息子に言われるのは

「ママおこんないで。」

もちろん返事は「怒ってないよー。」

そして

「やだ、ママおこんないで。こわいー。」
の繰り返し。

よし、これは母としてひとつ教える時だ!

「ママは怒ってないよ、真剣なんだよ。」と言うと

 

「シンケンコワイ。ヤダ。」

 

!!!!!

 

本気と書いて、「マジ」と読む!

真剣なのはいいじゃない!と思ってきたけど

もしかして真剣って時として怖いの?

息子に気付かされた、魔法のことば。

「シンケンコワイ」

本気なこと、真剣なこと、もっと笑顔で伝えられたら。
世界は確かに変わるかもしれない。
もっとあなたに届くかもしれない。

あきらめたくないあなたへ。

 

////////////////////////////////////////////////

●実力派フローリストになりたい人向けフラワースクール
&センスアップしたい人向けIKEBANA造形花教室

Ota Ayako Flower Coaching School

 

★ワークショップ開催中

『いつでも胸に花束を』フラワーコサージュをつくろう
2月4日、6日、10日、13日 各回13:00~16:00 \2160 
@SENBUNアトリエ(JR池袋駅からバスで15分程)
ワークショップ詳細・お申し込みはこちら。

 

////////////////////////////////////////////////

●店舗ディスプレイ、住空間コーディネイト、ウェディング装花
「魅了する空間」 SENBUN 花とデザイン

////////////////////////////////////////////////
 


テーマ:

ゴーン!ゴングがなって勝負のはじまり。
目覚ましとともに、パッと目覚める。

 

わけではなく。

かつて(高校生の時)はそうだったかもしれないけど、今はそうではなく。

起きる予定の5分くらいに目が覚めて(体内時計か?)
目を閉じながら自問自答。

寒そうだなー。
寝ていたいなー。
そう思わないわけでもなく。

一通り思いを巡らした後に。
 

「いつやるの?今でしょ!」

どっかの先生の言ったような言葉がふってきて。

起きる。

もともと高校生の時から4時起きで。
花屋は仕入れが早いから、それにはすんなり馴染めてラッキー。

「いつやるの?今でしょ!」
今更ながらいいですよね、この言葉。

この言葉を連呼して、周りを台風に巻き込むことしばしば。

よく巻き込まれるは旦那様。

それでも時間が足りない、今日この頃。
だったら1時間早く起きればいいじゃん。

あれ?意外と4時起きより楽に起きられる。

自分の体と生活に合う時間を選ぶこと。

効率良しの基本メモ。


今日も朝日が上がるのが美しかった!
早起きのご褒美。
 

早起きは三文の徳は本当。

朝日、澄んだ空気、ひとりの時間。

整いました。
さあ、もうすぐゴングが鳴ります。

 

あきらめたくない皆さんへ。


////////////////////////////////////////////////

●実力派フローリストになりたい人向けフラワースクール
&センスアップしたい人向けIKEBANA造形花教室

Ota Ayako Flower Coaching School

 

★ワークショップ開催中

『いつでも胸に花束を』フラワーコサージュをつくろう
2月4日、6日、10日、13日 各回13:00~16:00 \2160 
@SENBUNアトリエ(JR池袋駅からバスで15分程)
ワークショップ詳細・お申し込みはこちら。

 

////////////////////////////////////////////////

●店舗ディスプレイ、住空間コーディネイト、ウェディング装花
「魅了する空間」 SENBUN 花とデザイン

////////////////////////////////////////////////
 


テーマ:

『実力派トップフローリストになる』フローリスト育成ブライダルフラワーマスタースクール
●花業界に転職をしたい方/ステップアップしたいフローリスト対象   限定10名


「花屋さんの受注、製作、納品やブライダルフラワーの流れも学び、フローリストに必要な技術を短期間で習得できた。様々な花仕事の分野も知ることができ、 自分に合った選択を自信をもってできるようになった。」 


●内容

技術力×スピード力を鍛える実践型

常に製作スピードを意識したフラワーコーチを受け、自分の得意不得意、癖を知り不明確なポイントをクリアしていくことで、 フローリストとしてカラー(個性)のある花をいけられる技術を習得する。個別カウンセリングを通して、個々の能力や生活スタイルに合わせたバランスの良い花仕事に就く方法を見つける3ヶ月。     
① 花仕事の基本的な流れ、知識、ブライダルフラワーの基本を学ぶ 
② 個々のスキルに合わせた製作、コーチ、実践で使える技術を習得
③ 技術とスピードをあげる製作課題やデザイン力を鍛える課題が毎回出ます。 



2018年4月スタート 3ヶ月集中コース  480,000円(税別・花材費込み)  

4/14 , 4/28 , 5/19 , 5/26 , 6/9 , 6/23  月2回 土曜日    10:00~16:00 


●開催場所      / SENBUNアトリエ 東京都板橋区大谷口上町27-2石坂ビル1F 

●お申し込み方法 / お申込み書署名、捺印後、ご請求書発行、ご入金確認にて

●お支払い方法  /  銀行振り込み


<太田文子からメッセージ>


生き物相手の花仕事に必要なのは、確かな技術とスピードそして応用力です。小売販売、パーティー装飾、ディスプレイ、教室運営など花仕事のすべてに通じる技術がブライダルフラワーには含まれています。花業界で長く活躍できる、実力派フローリストになるための3ヶ月集中コースです。

内容盛りだくさん、課題もたくさん出るコースです。そして身についたスキルは一生もの。花の魅力を伝えること、花の価値をあげられるのはフローリストの腕次第。技術さえあれば、様々な働き方ができるのが花仕事の魅力でもあります。どんなフローリストになりたいのか、どんな働き方暮らし方がしたいのか、自分スタイルをみつけることもフルサポートします。

これから花業界に転職を考えている方、フローリストとしてステップアップしたい方、ご参加お待ちしています。                


●特典 / 講座テキスト付き、期間中、製作したアレンジ、ブーケ、コーチ受け放題

●10名限定コース

●お申し込み、お問い合わせは、 お電話 03-5926-3806 

 または HPお問い合わせフォームをご利用ください www.senbun.com



テーマ:


「勝負事は嫌いです。興味有りません。」という風に生きてきたつもりだったけど、それを言うと周りにすこぶる驚かれるのはナゼ?


夫からは「時々エレキギターをかき鳴らすヘビーメタル音が聞こえてくる。」と言われています。


毎日が勝負!実はそんな風だってことを最近知りました。

誰と勝負しているんだ?自分への挑戦か。


夫婦で花と空間デザイン事務所を経営しながら、2人の子育て中。仕事と家事と育児と遊び。


5000勝6000敗、感覚的にはそんな勝率。

 

いいじゃないそれでも。

 

やりたいことやっておきたいこと、

ぜーんぶやりたい、あきらめない、欲張りフラワーデザイナーの勝負な日々。


ちなみにこのタイトル決めたのも夫です。

10年以上前に書いていたお花のストーリー的な、物語をまた書きたいなー、でもなんか書き進まないなーなんて言っていたら

「本当にそれを書きたいのか?もっとエッジの効いた、腕まくりした感じを出していけ。尖がってんだろ、ほんとは。」

 

!!!!!


そんなわけで、勝負日記。

確かに、止まらずにかける気がスルー。

あきらめたくない皆さんへ。


///////////////////////////////////////////////////

センスアップしたい人、実力派フローリストになりたい人向け
フラワースクール&IkEBANA造形花教室

Ota Ayako Flower Coaching School
///////////////////////////////////////////////////

店舗ディスプレイ、住空間コーディネイト、ウェディング装花
「魅了する空間」 SENBUN 花とデザイン

///////////////////////////////////////////////////

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス