2018年9月10日(月)は新月(朔)

テーマ:

2018年(平成30年)9月の新月(朔)の時刻(日本中央標準時)
……9月10日(月)3時01分

▽次の満月(望) 2018年(平成30年)
……9月25日(火)11時52分

▽次の新月(朔)2018年(平成30年)
……10月9日(火)12時47分

◆朔弦望/平成30年(2018)(国立天文台)
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/yoko/2018/rekiyou183.html
(朔…新月/弦…上弦・下弦/望…満月)

◆二十四節気および雑節 /平成30年(2018)(国立天文台)
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/yoko/2018/rekiyou182.html

新月には財布など大事なものを使い始めたり、習い事を始めるのに適しています。
新月の日に、気に入った手帳やノートに願い事・目標・やりたいこと・欲しい物を手書きして、上弦の月、満月、下弦の月、次の新月など折々に読み返してみましょう。

----------
平成最後の夏、歴史に残る大きな自然災害がいくつもおこり日本各地に被害が出ました。
25年ぶりの非常に強い台風が日本縦断で、関西地方を中心に強風による被害。
北海道で震度7の巨大地震発生で、北海道全土で停電。
復旧作業をしている皆さんが早く普通の生活に戻れますように。

自分の住んでいるところは大きな被害はありませんでしたが、
長期停電のニュースを聞くと、電気がないと生活できないと痛感します。

テレビや電話が使えないから、スマホ・携帯電話での情報収集が必要。バッテリーの充電が一番心配。
電気がないとカード支払いができないから、多少の現金は手元に必要。
冷蔵庫で食べ物が保存できないから、常温で保存できる食べ物を数日分貯蓄しておく。
洗濯機が使えないから、着替えが少ないと困る。
ロウソクで明かりをとって火事を出す事故があるので、懐中電灯と乾電池が必要。

今年は自然災害が多すぎて、自分は大丈夫とは言えないので、非常時の準備はしておきたい。
不用品は片づけて、必要なものがすぐ出せるよう。


《関連ページ》
◇満月に財布をふりふりして金運をよくする〔財布の月光浴〕@金魚宮
http://bunko.c.ooco.jp/saifu04.html