大坂なおみさんの元コーチの言葉 | ”筆文字”で応援!!『人生に息吹を与えるあなただけの言葉』
新型コロナウイルスに関する情報について

”筆文字”で応援!!『人生に息吹を与えるあなただけの言葉』

「自分の人生を本気で生きる」
そんなあなたを”筆文字”で応援します!

ごきげんよう。

筆文字作家の 山田あかねです。

 

NHKの『奇蹟のレッスン』を観ていて、印象的な言葉がありました。

 

『奇蹟のレッスン』は、

世界の一流指導者が子どもたちに1週間のレッスンを行い、技術だけでなく心の変化まで呼び起こす番組です。

 

その日の指導者は、

大坂なおみ選手を世界一に導き、2018年の年間最優秀コーチに選ばれたサーシャ・バインさん。

 

生徒は、高校生のテニス部女子でした。

 

 

私の印象に残った言葉は、こちら。

 

 

 

 

「試合は 勝つか学ぶか」

 

 

これは、生徒が試合で負けた時に、サーシャさんが生徒にかけた言葉です。

 

「試合は、勝つか、学ぶかだ。

負けはない。」と。

 

勝負の世界は、「勝つ」か「負ける」かだけで、

「勝つ」ことだけが良い事だと思いがちです。

 

勝負ですから、当然、勝った方がいいわけですが、

負けることで、「学ぶ」気持ちがでてきて、「学ぶ」ことができたら、

その後の勝負はもちろん、生き方にも大きな影響を及ぼすだろうと

思えます。

 年齢を重ね、色々経験した今だから。

 

 

「負け」けて気持ちが沈んでいるとき、こういう言葉をかけられたら、「また、頑張ろう。頑張れる。」とも思えます。

 

指導者というのは、技術的なことはもちろんのこと、精神的なフォローはそれ以上に重要かもしれません。

サーシャさんは、両方できるからこそ、一流なのでしょう。

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してみました。

↓をクリックしてくださると嬉しいです♪

 

 

 

**************************************

あなたに息吹を与える言葉を筆文字で書きます!

 

さまざまな筆文字のご注文、承ります。

ご注文はこちらから↓。