夫婦円満に至る究極の言葉は | ”筆文字”で応援!!『人生に息吹を与えるあなただけの言葉』

”筆文字”で応援!!『人生に息吹を与えるあなただけの言葉』

「自分の人生を本気で生きる」
そんなあなたを”筆文字”で応援します!


テーマ:

ごきげんよう。

筆文字作家の 山田あかねです。

 

作家の田辺聖子さんが亡くなりました。

 

田辺聖子さんというと、思い浮かぶのが、「カモカのおっちゃん」。

 

中学か高校生のころに、エッセイを読んで、イラストと共に、ほのぼの面白かったように記憶しています。

 

カモカのおっちゃんとは、田辺さんが37歳の時に結婚したお相手で、当時40代の開業医で4人の子持ち。

 

「いつまでもつのか」と友人たちは危ぶんでいたそうですが、予想ははずれ、カモカのおっちゃんは、田辺さんの作品にも登場するようになりました。

 

田辺さんは、恋愛や結婚をめぐる金言を多く残していて、

夫を見送った翌年に刊行した随想集『人生は、だましだまし』の中から、「夫婦円満に至る究極の言葉」を書いてみました。

 

 

 

 

それは、

 

 

「そやな」

 

「夫からでも妻からでもよい。

これで世の中は按配よく回る。」と。

 

言いたい事は多々あれど、あえて腹におさめておく。

(今日の天声人語より)

 

 

さて、自分自身をかえりみると、、、

 

夫の発言に対して、

 

否定から入って、

ついつい言い過ぎてしまったりということがあるな。

と反省。

 

関西弁は使えないので、

 

「そだね~。」

と、まずは、「肯定」。相手の言葉を受け止めて、

そのあとは、余計なことは言わない。

 

と、意識してみよう。

 

 

どちらかがくたばるまでは、程よい距離感で、共にいるつもりなので(^_-)。

 

 

 

 

ランキングに参加してみました。

↓をクリックしてくださると嬉しいです♪

 

 

 

**************************************

あなたに息吹を与える言葉を筆文字で書きます!

 

さまざまな筆文字のご注文、承ります。

ご注文はこちらから↓。