されど 並み縫い(刺し子のふきん) | ”筆文字”で応援!!『人生に息吹を与えるあなただけの言葉』

”筆文字”で応援!!『人生に息吹を与えるあなただけの言葉』

「自分の人生を本気で生きる」
そんなあなたを”筆文字”で応援します!


テーマ:

ごきげんよう。

筆文字作家の 山田あかねです。

 

はじめて、「刺し子のふきん」を縫ってみました。

 

ネット上で、刺し子のふきんや、バッグの写真を見て、とてもいい感じだったので、刺してみたくなったのです。

 

初めてなので、縫う所が点々と印刷されている生地(さらし)を購入しました。

点々の通りに縫えばOKなのです^^。
簡単にできそう~♪って。


けれどもですねぇ・・・。
本やネットで刺し子について調べてみると、
単なる並み縫いだと思っていたのですが、表側を長く出し、裏は短くが基本のようです。

さらに、【指ぬき】【運針】というのがでてくる。

 

今回は、縫う所が印刷されているにもかかわらず、実際刺してみると長さがまちまちになってしまいます。

指ぬきは、昔から使いこなせず、
よって、運針の技術は全くありません。

 

「並み縫いでしょ?!これならできるだろ!」ってかる~く考えていたんですが、されど並み縫いと思い知ったのでした。

 

 

 

「やってみないと わからない」

 

 

縫う順番も迷うし、裏側に玉止めを作らないとか、無心で縫い進むことができるまでは、まだまだだなと感じました。

 

とはいえ、完成間近になってくると、縫うリズムがでてきて、スピードも上がってきて、面白くなってきました。

 

 

「やってみないと わからない」

 

頭で考えているだけでは、わからないことはたくさんありますね。

 

ともあれ、

刺し子のふきん、できあがってよかったです♪

 

あなたは、そんな経験ありますか?

 

image今回縫った 刺し子のふきん

 

 

 

**************************************

 

 

あなたに息吹を与える言葉はなんですか?

 

私が筆文字で書きます♪
お問い合わせ、ご注文はこちらからどうぞ!

 

 

 

 

アンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります