朝ドラ「半分、青い。」を観て思い出した言葉 | ”筆文字”で応援!!『人生に息吹を与えるあなただけの言葉』

”筆文字”で応援!!『人生に息吹を与えるあなただけの言葉』

「自分の人生を本気で生きる」
そんなあなたを”筆文字”で応援します!


テーマ:

ごきげんよう。

筆文字作家の 山田あかねです。

 

NHKの朝ドラ「半分、青い。」を観ています。

 

テンポがよく、なんというか、奥行きを感じる話で、好きです。

 

主人公の女の子、鈴愛(すずめ)が、

小学校3年のときに左耳が聞こえなくなります。

 

それを知った家族、幼なじみの姿を見て、思い出した言葉。

それは、

 

「思いやり」 額装作品

 

 

鈴愛(すずめ)の周囲の人が、鈴愛を思いやるように、

「私が泣けば、みんなが泣く。」と、

鈴愛もまた、周囲の人たちを思いやっている。

 

それぞれの思いやる気持ちを、役者さんたちが自然に演じていて、

すっと見る側の心に入ってきます。

 

鈴愛の子ども時代を演じる矢崎由紗さんも魅力的。

 

これから、鈴愛が、どんな青春時代から大人へと成長していくのか、

毎朝の楽しみになりつつあります。

 

 

 

 

今日ご紹介した額装作品「思いやり」など、

私の手元から旅立った【山田あかねの額装作品】

公式サイトFUDECOプレミアム』でご紹介しています。

旅先で観てくれた方々に息吹を与えられたら、嬉しいです。

よろしければご覧になってくださいね。

 

公式サイトFUDECOプレミアム』

 

**************************************

 

 

 

 

 

あなたに息吹を与える言葉はなんですか?

 

私が筆文字で書きます♪
お問い合わせ、ご注文はこちらからどうぞ!

 

 

 

 

アンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります