プレッシャーは〇〇 | ”筆文字”で応援!!『人生に息吹を与えるあなただけの言葉』

”筆文字”で応援!!『人生に息吹を与えるあなただけの言葉』

「自分の人生を本気で生きる」
そんなあなたを”筆文字”で応援します!


テーマ:

ごきげんよう。

筆文字作家の 山田あかねです。

 

今日は、朝日新聞の『折々のことば』から、

 

騎手の武 豊さんの言葉をご紹介します。

 

昨年末の有馬記念、これががラストランとなる、名馬キタサンブラックに武さんは、騎乗し、優勝しました。


優勝して当然という、状況の中、名騎手とはいえ、武さんへのプレッシャーは、かなりのものだったと思われます。

 

けれど、レース前の取材に武さんは、こう答えたのだそう。

 

「うれしいプレッシャーですよ。これを味わえるの、僕だけですからね。」

 

プレッシャーをはねつけるのではなく、自分の中でプレッシャーを喜び、楽しみにかえていたんです。



「おおーっ、そういう、考え方があるんだ!」

って、この言葉を読んで、気づかされました。

 





 

 

 

「プレッシャーは宝物」

 

 

 

 

 

プレッシャーを感じるときって、普段と違う、特別なことをやるとき、期待が大きく、よい結果が求められるときです。


ドキドキして、身体はガチガチになり、心は押しつぶされそうになって、思うようにできない。

 

そんなとき、プレッシャーをはねのけ、

「負けるもんか!」って、強気でできる人は、それでOKでしょう。

 

 

けれど、なかなか難しい時、発想を転換してみる。


私は、「期待される特別なこと 」をやる貴重な機会をもらえたんだ!


『特別なこと』=『宝物』


と考えると、縮こまった心も身体も開放されて、余裕が出てくる気がしませんか?

 


有名な武さんは、特別なのかもしれませんけど、

プレッシャーを感じる状況も程度も人それぞれ違って、本人にとっては、「武さん並み」のプレッシャーを感じていることだってあるでしょう。



もしかしたらこれから先、私にもあるかもしれません。

そんなとき、武さんの言葉を思い出して、余裕ぶっこいて^ ^、楽しみたい。

って思いました。




なんてったって、プレッシャーは、その人だけに与えられた宝物ですからね♫


 

 

 

 

 

あなたに息吹を与える言葉は何ですか?

私が筆文字で書きます♪
お問い合わせ、ご注文はこちらからどうぞ!

 

 

 

 

アンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります