HSP-境界線や自分軸の作り方 | HSP☆Navigation!                   キャリアコンサルタント瀬波千尋・仙台

HSP☆Navigation!                   キャリアコンサルタント瀬波千尋・仙台

Are You Highly Sensitive?  

HSPは感受性が豊かなアーティスト☆
人の感情を刺激し心を揺さぶるエンターテイナー
心や身体を消耗し新しい世界観を創出する、「感動を創出し提供する人」のサポーターです。


テーマ:
こんにちは。

感受性が豊かなエンターテイナーHSPの心と身体をサポートする
HSP☆キャリアコンサルタント・産業カウンセラーの 瀬波 千尋 です。


HSPの私のコラムです。
自分軸



HSP【Highly Sensitive Person】

生まれつきの特性で遺伝子が関係しています。
Highly Sensitive Person(高度に感受性の強い人・敏感な人・繊細な人)の意味で
全人口の15%~20%の人が該当します。
8割の方に共感を得られにくい→生きづらさがあります。


Amazon




自分というのは、現実に向けて自分本来の力を出したいという
他者思考の「自己」(核)と現実から本来の自分の力を守りたい
という自分中心の「自我」(境界線)で成り立っています。

自分の本心を知り、適切に自己主張できることは、よい人間関係
と心の健康を保つ秘訣です。

「自己」を保ち、「自我」を強くするには次のような方法があります。




人は人、自分は自分 そして境界線



① 自分を見えないバリアで包み込む
   光やエネルギーを意識し全身を包み込む


② 自分や相手を意識しない
   共感も反応もせず虚心でやり過ごす


③ 自分のなかにぶれない軸を作る
   自分の心に「本当にやりたいの?」と聞く
   自問自答しながら、思い込みや他人の刷り込みの束縛から
   自分を解放してゆく

④ 自分で決めて自分で生きる
   心に葛藤を抱えたら、悩むのをやめると決める
   執着を手放すと「本当はこうしたい」と本音で動けるようになる。



【対 策】

 ✦HSPにとって「自分の身を守ることが最優先」




*:;;;;;:*◈*:;;;;;:*◈*:;;;;;:*◈*:;;;;;:*◈*:;;;;;:*◈*:;;;;;:*◈

    ✦HSPに共通すること✦

  1. 心の境界線が薄い
  2. 疲れやすい
  3. 刺激に敏感
  4. 人の影響を受けやすい
  5. 自己否定が強い
  6. 直観力がある
  7. 自分自身に高度な要求をしてしまう
  8. 罪悪感と羞恥心が強い
  9. 恐怖心を感じ憂鬱になりやすい
  10.怒りをうまく放出できない

*:;;;;;:*◈*:;;;;;:*◈*:;;;;;:*◈*:;;;;;:*◈*:;;;;;:*◈*:;;;;;:*◈



Amazon 敏感すぎて生きづらい人の 明日からラクになれる本 より




人間は自分で勝手に作り上げた思い込みや、親から言われたことの刷り込みというフィルター(メガネ)を通して、自分のパターンで自分の見たいものを見ています。

ですから目の前のものは、自分の「心の投影」として表れたものであり、自分の中にあるものしか経験できません。
物事の原因は外ではなく、自分の内にあるのです。

自分を責めたり、悩んだり、諦めたり、相手を責めたり、承認を求めたりしているうちは、自分を幸せにはできません。

自分のパターンに気がついて、悲しみや恐れ、怒りの感情の奥にある心の叫び(本音)を出してしまうとラクに生きられるのです。

■HSPがラクに生きるには?■

☆ 自分が何に敏感すぎるのかを知る

☆ 自分を認め、心構えや覚悟を持つ

☆ 自分を守るための対応法を身につける





ー敏感すぎる?
     それって遺伝子の生存戦略ですよー
                    セナエル


皆様の夢が叶いますようにクローバー



最後まで読んで下さりありがとうございます♪


せなさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス