鐙田杵築神社

あぶみだきつきじんじゃ

 

熊本県熊本市北区植木町鐙田525

JR鹿児島本線 植木駅より徒歩10分程

 

◆主祭神◆  
 大国主命

        

◆全景◆

県道101号線沿いに鎮座します。

 

◆両部鳥居(四脚鳥居)◆

鳥居扁額は「杵築宮」

 

◆境内社◆

 

◆二の鳥居◆

大正10年(1921年)建立。

鳥居扁額は「杵築神社」

 

◆手水舎◆

 

◆狛犬◆

明治40年(1907年)建立。

蹲踞のお座り型。
阿形は雄の印。
阿形は口の中に玉。
尾は尖り気味で多くの方向に向いています。
すべらかな体。
石工 玉名郡花簇村(はなむれむら) □渡辰五郎
花簇村は玉名郡にかつてあった村。
同じ熊本県でも熊本石工と玉名石工では全く違った姿。
吽形もギザギザの歯。
愛嬌のある表情。
細長い前脚。
吽形は尾の一部が欠損しています。
 
◆社殿◆
推古天皇2年(594年)出雲の国から坂本左近と言う人が、大国主命の分霊を赤牛に乗せて来て、この土地に建立したと伝わります。
本殿がとても高く、屋根は本を開いて伏せるような形。

出雲大社の本殿と同じ大社造り。

九州では、大社造りはそれほど多くありません。

本殿そばの石垣は四角い石で切込接、外側の社殿周りには丸い石で野面積。

尚、御朱印情報はないようです。

 

令和3年9月10日参拝時撮影

 

いつも多くのアクセスを頂きありがとうございます。

「いいね!」やコメントやメッセージもありがとうございます。

 

当ブログの画像がYouTubeでも見ることができるようになりました。

ご視聴頂けますと幸いです。

月曜日~金曜日 午前8時に公開。

チャンネル登録どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)