1992年に放送したTVアニメ『宇宙の騎士テッカマンブレード』より、

主人公・Dボウイ(相羽タカヤ)が変身するテッカマンブレードが、

RIOBOTシリーズで登場!

 

■宇宙の騎士テッカマンブレードとは?
突如地球を襲った謎の宇宙生命体ラダム。
地球の覇権をかけ死闘を繰り広げる人類の前に、
ラダムと戦う孤高の戦士・テッカマンブレードが現れる。
前作から設定を一新し、様々なバリエーションを持つ複数のテッカマンたちが
敵味方に分かれて戦うハードSFアクションアニメ。
(タツノコプロ公式ページより引用)
 

メカニックデザインを担当した佐山善則氏が描く設定画や、
大張正己氏による作画と絵コンテで有名なOP、劇中での印象など、

様々な資料からプロポーションを再考。
さらにタツノコプロ監修の元、全身をアレンジ。

 

 

全高(アンテナ含む)約170mm。
両耳のアンテナをはじめ、細部までエッジの効いたシャープな形状。

外装はほぼ彩色で再現し、高級感を演出。


襟、腹部、肘関節、股間部、足首にダイキャスト素材を採用し、
スマートなボディラインと程よい重量感を両立。
 

・象徴的な武器、テックランサーはシャープな形状で再現。

・分離状態も再現可能。

 

 


・テックシールドは腰と腕部に装着可能。
テックシールドから伸びるテックワイヤーは、リード線による表情付けが可能

 


・両肩の上部を展開し最大最強の武器、「ボルテッカ」を再現可能!
・発射口は設定に近いレンズ形状で再現。
 

また、劇中のアクションを再現するため、各関節部に引き出し機構を採用。

 


【首】・・・・関節部分が伸縮し、細かいニュアンス付けが可能。

 


頭部の可動に合わせて襟足に相当する部分が追従し、美しいアウトラインを実現、


【手首】・・・・テックランサーを用いたアクションがより決めやすくなる。


【太もも】・・・・脚部の可動域が拡がり、躍動的なアクションポーズが楽しめる。

 



【足首】・・・・広い接地性により印象的な立ちポーズが力強く決まる。
 

 

仮面の下の涙を拭え・・・・。

 

 


商品名:RIOBOT 宇宙の騎士テッカマンブレード テッカマンブレード
 

価格:15,800円(税抜)

発売月:2020年7月発売予定

サイズ:約160mm
付属品:テックランサー・拳(左右)・開き手(左右)・武器持ち手(左右)

テックシールド・テックワイヤー・テックランサー分割用柄×2

素材:ABS、PVC、PA、POM、ダイキャスト
設計:T-REX
フィニッシャー:GB2


発売元:株式会社千値練(せんちねる)
販売元:ユニオンクリエイティブ株式会社
問い合わせ:info@union-creative.jp


©創通・タツノコプロ