「RIOBOT グレンダイザー&スペイザーセット」および、

「RIOBOT グレンダイザー」の工場サンプルを前後編に渡ってご紹介しております!

 

ここからはいよいよ、スペイザーが登場!

強化装甲モードの変形手順も一部省略してお見せしますので、

ぜひともご覧ください!

 

前編はコチラ

 

■スペイザー


赤と白を基調としたカラーリングはそのまま。
各ディテールはRIOBOTグレンダイザーに合わせてアレンジされています。
 

 

スペイザーの外装はABSパーツで構成。

全長約190mmの大ボリュームとなっています。

 

■スペイザー・クロス!

 

前面パーツを取り外し、側面部を展開したら、

底面カバーを取り外してグレンダイザーを収納するスペースを用意します。

 

グレンダイザーの両脚にも強化装甲パーツを取り付け、両脚をジョイントさせます。

強化装甲パーツはグレンダイザー収納時の安定性を高める役目も担っています。

 

 

 

 

グレンダイザーの背面をスペイザーの接続アームにジョイント。
底面カバーを取り付け直し、側面部を閉じます。
合体用の平手パーツに交換して、スペイザーに固定。


 

 

というわけで、スペイザー・クロス完了!
グレンダイザーの頭部はしっかり前に向けるよう可動域を広めに設計しています。

 


 

 

そして、スペイザー・クロスの状態でもスクリュークラッシャーパンチを展開可能!
オリジナルドリルパーツもスペイザーの両翼の取り付け可能!

 

■強化装甲モード

 

 

 

 

底面カバーを取り付け直す前に後部を立ち上げ、両翼をたたみます。

 

 

側面部を巨大アームに変形させます。

 

 

 

グレンダイザーのポジションを移動。
取説ではわかりやすいようにグレンダイザーを一度外した状態にしていますが、
変形に慣れれば、背中にジョイントアームを刺したまま

グレンダイザーを移動させることもできます。

 

両脚を開いて、強化装甲モード完成!

 

 

両サイドにあるアームハンドは各関節が可動して自由に動かすことができます。
五指は独立可動して握り拳にもできます。


 

 

 

 

底面カバーは組み替えてグローブのように取り付けることが可能。
 

そのままでも巨大なアームハンドをさらに力強く演出できます!

 

 

■オマケ

強化装甲やドリルなどオリジナルドリルパーツなど独自要素が多い商品なので

様々な組み替え遊びが楽しめます。

 

ドリルと脚部強化装甲の組み合わせは、マッチ度高め!

 

 

スペイザーの底面カバーを盾に見立てることもできます!

ハンドアームに取り付ける際に使用する補助パーツを武器持ち手に持たせています。

 

スペイザー・クロス中にハンドアームを展開してなんちゃって中間形態なども!

 

 

というわけで、サンプルレビューは以上!

 

「RIOBOT グレンダイザー&スペイザーセット」、「RIOBOT グレンダイザー」を

前・後編にわたってご紹介させていただきました!

 

すでにご予約されている皆様、到着までどうかお楽しみに!

店頭等で購入を検討されている方は何卒、よろしくお願いいたします!

 

 

商品名:RIOBOT グレンダイザー        
・発売:2019年4月発売予定
・価格:25,000円(税抜)
・素材:ダイキャスト、ABS、PVC、PA、POM
・付属品:グレンダイザー、スクリュークラッシャーパンチ、
     ダブルハーケン、オリジナルドリルパーツ、専用台座、
     ハンドパーツ(開き手・構え手・拳・持ち手×各2個)、テスト用ボタン電池(LR41×2個)

・サイズ:頭頂高:約170mm
・設計:ユニテック
・彩色:早川洋司(千値練)

 

 

 

商品名;RIOBOT グレンダイザー&スペイザーセット        
・発売:2019年4月発売予定 

・価格:37,000円(税抜)
・素材:ダイキャスト、ABS、PVC、PA、POM
・付属品:グレンダイザー、スペイザー、スクリュークラッシャーパンチ、

     ダブルハーケン、オリジナルドリルパーツ、専用台座、
     ハンドパーツ(開き手・構え手・拳・持ち手×各2個)、テスト用ボタン電池(LR41×2個)

 

・サイズ:グレンダイザー・・・・頭頂高:約170mm

     スペイザー・・・・・・全長:約190mm

     強化装甲モード時・・・全高:約210mm


・設計:ユニテック
・彩色:早川洋司(千値練)

 

©永井豪/ダイナミック企画