人間は肉体生命を維持するために食事をします、思ったり行ったり日常的な生活を送ろうとするとエネルギーを要します、これは当たり前のことで否定される方はいないと思います。

食べないと肉体は死にます。

 

心はどうでしょうか何かを考える、何かを思うということはこれもエネルギーを消費しています、肉体の食べ物の場合エネルギーだけでは無く栄養になる要素は色々ありますね。

そうして食べたものは胃や腸で必要な養分を吸収されたのち排泄物となって大小便となり排泄されます、この排泄が上手く出来ない便秘症の人や排尿障害の人もいますね。

これ出なかったら大変なことになるのです健康な日々を送ることは不可能です。

 

食べる一方で一切排泄しなくとも平気な人はいません、排泄される物の中には毒性の物が存在します人間や動物の体は良く出来ていて必要な成分を肉体に取り入れた後には毒性を含む物は体外に排出するようになっていて肉体の健全性を保っているのです。

これまでの話の内容について異論はありますか・・・・・

 

そこで心、精神はどうか考えてみてください、日常では色々なことが生じます、人との関係においてまた自身の欲望や喜怒哀楽、思う事行う事には肉体の食事と同じように心に色々食べるのです、良いことも悪いことも、何も考えないで無念無想で生きれる人はいません。

禅道では無念無想になれと教えていますが一日中それができますか、一ヶ月できますか、

無理ですね。

 

良いにつけ悪いにつけ心には色々なことが浮かんだり思ったりしますね。

これは心に食事しているのではないでしょうか、心にとって良い栄養素は残し他の毒になるものは排泄しないとどんどん毒が溜まります、その結果は病気になります、肉体にも影響を及ぼします、何故なら色心不二なのですから互いに影響し合います。

 

精神的な病気も肉体的な病気も両方から影響し合っているのです。

最も精神的な病気の場合は比率的に心に溜めた毒の影響が大きいようですが、いずれにしましても入れたものは出すということが必要になっているのが自然界の仕組みであります。

人間は自然の仕組みの掟の中でこそ生きることが出来るのです、自然の仕組みを逸脱して生きることが許されていないのです。

 

肉体の食事は皆さん気を付けて生活されています。

ところが心の方はどうですか心の三毒と言われる、怒り、愚痴、欲望それらを心の中に持ったままでいませんか、それらの毒は排泄しないと肉体も精神もおかしくなり果ては病気になるかも知れません、心の毒は排泄に一寸コツが必要です、毒を食べてしまった場合その毒を排泄するには反省が必要です、それが排泄行為なのです。

 

こんなこと思ってしまった、こんなことしてしまったこれは悪いことだと自分で思って只単に悪かったと思うだけでも少しは排泄できるかも知れませんが時間がたつと又同じ思いや行為を繰り返してしまうことありませんか、これは自分の個性だ癖だからしょうがないんだと言い訳する人が多いですね、それでその結果苦しい思い悩むことを抱えるのはご自身です。

 

肉体の便秘はどうしようも無いほど重症だと病院で薬剤を使用して強制排泄されますね。

でも心に溜まったものはそのように人の手を借りて強制排泄できないのです。

 

全ては自分自身でするしかありません、精神科のドクターがしてくれると思う人がいるかも知れませんがドクターは手助けの一助にはなっても肉体の時のように薬剤で全部出してしまうようなことはできません。

心の中に手を突っ込んで手術することは誰にも出来ません。

勿論ゴッドの神でさえ出来ないのです。

そんな面倒なことは嫌だ、愚痴や怒り妬み、欲望、悪いと思われることをしても何も自分には影響がないから大丈夫だと軽く考えている方が殆どですね、でも畑や庭の草取りをしないでおくと雑草がびっしり生えてしまい草を取ろうとすると大変な苦労が必要です。

その状態はこの世で起きるかあの世に帰った後に起きるか何れにしても悪い種を蒔いたのは自分自身ですから生えてきたよからぬものを刈り取り処分するのも自分自身でしか出来ません、何故なら自分の心の畑に入れるのはたった一人です、自分でしかないのです。

 

もし不法侵入してくる者がいたのならばそれは悪霊です、そのような者に乗っ取られないためにも反省行為で余分な為にならないものは排泄してすっきりすると肉体も心も軽く気持ち良い生活が出来ます。

 

便秘人生からの脱出をどうかしてください。

 

カルマとは中々修正出来ないものと言うのは周知の事実です。

過去世からのカルマは特に根が深く張っていてそれを取り除くのは容易なことでは出来ない。

そこへ又生まれて肉体人生の荒波に飲みこまれて別の新しいカルマを作ることになる。

高橋信次先生は過去世のカルマの修正は今生で作ったカルマの修正を通じてやるのが良いと申されました。

 

皆さんの家には普通浴室があるでしょう、その浴室にはカビが発生しやすい、日本のように湿度が高い場所はカビに悩ませられる、カビ取りの薬品は種々発売されて一定の効果がありますが通常は塩素系の殺菌剤が主なものだとおもいます、しかし、このカビ取り剤を使っても取れないカビ、例えばサッシのゴムパッキンや木材に深く入り込み根付いた年数の経ったカビ等は薬剤を使用しても深い部分は取れないことが多いですね。

 

カルマはこのカビのようなものと思っても良いかと思います。

カビ菌は空中にも土にいます、何時でも環境が整えば取りつきそこに定着してどんどん範囲を広げて行きます。

 

カルマも同じように日々の生活で作られ固着しやすいものですね、ましてや過去世からのカルマはどうしようもないと諦めて開き直ってしまう方もおられます。

心の中にあるカルマと言うカビは市販のカビ取り剤では取ることは出来ません。

 

反省を通して己の考え方や行為、癖などを改善するしか方法はないのです、この改善と言う言葉は昔から存在します、それを行うには強い意志で立ち向かう必要があります。

一度で効果が出ることはありません、何度も何度もトライして挑戦することが必要です。

 

アスリートの練習も同じですね肉体的な運動能力を上げる為に血の滲むような努力を何年も続けます、それでも自分の望むような状態にはなれないかもしれません、でも投げ出さないで続けて行く人は一定の効果を得るでしょう。

 

プロスポーツの選手は過酷なまでに自分を追い込み努力します、皆さんご存知の野球のイチロー選手やフィギュアスケートの羽生選手などをみているとそれがよく分かりますね。

 

直ぐ音を上げてこれはしょうがないんだ無理だと投げ出してしまったら何も変わりません。

 

トヨタ自動車が改善に取り組み世界的な企業になったことは皆さんご存知ですね、それに要した時間は何十年もの弛まぬ努力と諦めないで挑戦することが結果を生んだのです。

 

欠点を修正するのに周りの環境や人の所為にしている間は何も変われません。

己自身と向き合うことが絶対条件なのです、多くの人は出来ない理由を見つけて言い訳の材料にして自分は努力したけどこれ以上は無理と自己責任を回避することが多いようです。

 

仕事の面でもそのような人が最近は増えているのではないでしょうか。

昔のことばかり言いますが戦争に負けて日本は焦土と化し、住む所も食べ物も無い中で人々は生きる為に懸命に努力しました、甘えて生きることは出来なかったのです。

毎日がいっぱい、いっぱいの生活だったのです、人の所為や国の所為にしている暇は無かったのです、文句を言っても誰も助けてくれない環境の中で自力で生きたのです。

仕事でも出来ないと言えば「結構です、はい貴方はクビ」と言われたのです。

そこには自力しか存在を許されない厳しい環境があったのです。

 

今は色々違いますね、最近引きこもりの統計が発表されました。

40歳から64歳で親に異存している人が61万人以上15歳から39歳の若年層の引きこもり54万人以上両者を合わせると110万人以上と推計されるということです、その人達は自力を捨て親に寄生して生きています。

 

原因や理由はそれぞれ色々あるでしょうが先程の戦後の状態と比べると分かるように全然生きる姿勢が違います、戦後の時期に今のニートと言われる人の生き方は不可能だったのです。

それは死を意味します、誰に文句言えましたか昔の人々は「働かざる者食うべからず」と言うのが口癖でした、小さな子供も家の手伝いをしないとそう言って叱られたのです。

このような事を言うと「今は時代が違う昔のことが全部正しい訳ではないだろう」と反論する人もいるでしょう。

 

しかし、人間が生きることに今も昔もないのです。

まして生きる過程でなしたことの責任は他の人に押し付けることは出来ません、全部自分でその責を負うのです。

これは不変の真理です、誰にも変えることは出来ないのです。

と、言う事は他力では何も変わらない、カルマも他力でどうにかなるものではないと言う事です。

私は身の廻りにあることを比喩を用いてお話させて頂きます。

カルマとカビ似ていませんか一寸目を向ければ身近なことで気付くことが沢山あります。

カビは一度取っても油断すれば又、発生します。

カルマを醸成するのも同じです、怠惰に流れる生き方をすれば今生で作ってしまった悪癖がカルマとなって転生し未来の自分を苦しめることになります。

 

気がついたならば自分の欠点は出来るだけ今生において修正したいものです、それには正しいものの見方、正しく思うことを根底に反省するしか方法はありません。

 

他の人に力を貸してもらうことも神に祈ることでも解決は出来ません。

己の心や行為は己自身で治すしか方法がないのです、くどくどと言いますが誰の為でもありません一人一人自分の為のことなのです。

 

それを高橋信次先生は私達に肉体人生を賭して教えて帰られたのです。

 

奇跡や神秘体験を求めて宗教の門を叩く若者が多いと聞く、それは一重に旧来の宗門に人々を引き付ける魅力がないことにも起因しているのは否めないことだと思う。

 

人は何かを求めて宗教に触れようとするがそのような人々に応えることが出来ない宗教者達に期待できない為にカルト的な教団や霊的なことを売り物にする教団に惹かれて近づくようになる。

 

確かに目に見えない力(エネルギー)を駆使する霊能者や僧侶も中には存在する。

だが熱心にそのような場所に出入りし神秘力を得たいと念を持ち続けて修行と称するものを継続すると中には見えたり聞こえたり体に感じたりする人も稀には出てくることがある。

その場合その力を与えているのは天使などではなく動物霊や地獄霊達と思ったほうが間違いない。

 

一般在家の人だけでなく僧侶の中にも同じような経験をする者がいる、特に密教系の修行僧の中に出やすい、

 

最初は本当に仏道を求めて真剣に修行に励むが途中から判らなくなっていき力を求めるようになってしまうと近寄る者は先程のように地獄の動物霊や魔王達がその僧の心の波動に応じて憑くようになる、そのようになってしまうと正邪の区別が出来なくなって悟りの境地に到達したと言いだす。

 

霊視や病気を治したり当てものが出来るようになると人々が信じるようになり新興宗教の教団が出来ることになる。

 

間違えないでほしい、神秘体験や霊的な力を得たからと言ってその人が幸せなのかと言えばその反対の不幸になることが多い、当然なことだ地獄霊に力を借りて幸せが得られること等絶対に無い。

 

心はいらいら怒りっぽくなり体は不調和になり易い。

心の安らぎと正反対の方向に行く、どのような状態が人にとって幸せと言えるのか今一度考えてほしい。

 

お金が沢山あれば幸せですか、病気ばかりしていてもお金があれば良いのですか、霊視が出来たり霊聴ができれば夜眠ることが出来なくとも幸せですか、名誉や地位があれば安らぎますか、心の掃除をしないで欲望の儘に力を求めるとその心の波動(波長)に共振、共鳴したものが通じるようになります。

 

学校で経験したことがあるでしょう音叉というのがありましたね、同じ周波数の音叉を2個置き1個の音叉を叩くと叩いていない方の音叉も鳴り出すのです叩いた方の音叉は手で止めても一方の音叉はエネルギーが少なくなるまで鳴り続けます。

これを共鳴現象と言いましたね、あらゆる物質には共鳴、共振する固有の周波数を持っています。

 

時はその共振現象で破壊現象まで起こすことがあります。

皆さんはこのようなことは当然ご存知だと思いますが同じ意味に同調と言う言葉もあります。

 

電気の特に高周波を扱う分野には沢山、同調回路と言うのが使用されています。

ラジオ、テレビ、携帯、スマホ、無線通信にはこの同調回路無しでは成り立たない物です。

 

同調回路については前にもブログで書いたことがありますが高橋信次先生は良くラジオの話で説明されました。

このラジオで高性能と言われるのは同調周波数の選択幅が狭くて混信せず、且つより小さなエネルギーを受信できるのを高性能と言います、混信がないと明瞭に聞きとれます。

雑音も少なくなります。

何故雑音が少なくなるかと言うと欲しい信号が大きければ大きいほど雑音を抑えることになるからです。

 

科学の話ではありません。

 

人にもこの共鳴、共振、同調と言われることが当然ながらあります。

気が合う、心が通じる、同調できる、共鳴できる、一杯同じ言葉が存在します。善悪どちらにも同じように。

気付かないで科学的な言葉を使っているのです。

 

気が合うと言うのは同じような考え方や価値観を持っていると言う事ですね、心の波長が近いと言えるでしょう。

 

心の中のゴミ掃除は反省でしか取り除くことは出来ません。

ではこの世に存在する物質的なゴミを放置したら時間と共に無くなるではないかと言う人もいるかもしれませんが物質は酸化現象や温度その他色々な原因で形を変えて崩壊して無くなってしまったように見えることもあります、しかしそれには長い時間を要します。

 

例えば自動車を放置して跡形もなくなるのにどのくらい時間がかかりますか、私達の肉体人生には限りがあります。

この世の眼に見えるゴミと同じように放っておいて形が無くなるまで待つのですかそのようなことをしたら精神的肉体的に異常をきたし病気や人間関係に困難を来たし悩み苦しみ不幸になるでしょう。

 

第一心の中のゴミは時間が経過しても形を変えることはありません、それは実在の世界の存在ですからこの世のように諸行無常とはならないのです、この世の物質的なものは永遠に形を保つことが出来ないと言う事を示した言葉が諸行無常なのです。

 

勿論、人間の肉体も当然ながら死を免れることは出来ません、年老いて老化し死ぬのです。

 

共振、共鳴、同調した場合大きなエネルギーが取り込まれるのです、それには貰って良い正しいエネルギーであることが絶対条件です、悪のエネルギーと同調すると自分自身が苦しみ悩むことになります、心の波長は自分でしか変えれません、どんな偉大な先生でも神でさえ人の心の波長は変えることは出来ません。

 

人は皆幸せを望みます、不幸が良いんだと言う人がいますか物心両面で調和がとれた人生、環境、人間関係、そのようなものが整ってこそ安らぎの日々があるのではないですか、神秘力がそれでも欲しいですか、それは貴方の意志次第です。

 

 

不思議だと思う事、それが科学の芽です。

よく観察して確かめ、そして考えること、それが科学の茎です。

そして最後に謎が解けるこれが科学の花です。

 

この文章は地方紙の朝刊にのったノーベル賞科学者、「朝永振一郎博士」の言葉だそうです。

追及して行動し真実に出会う、これは正法の道と同じではありませんか。

世の中には多くの教えや考え方が溢れています。

宗教も乱立しています、いずれもうちの教えや教祖こそ一番だと言います。

疑問をもとうともしませんし、疑問を持つだけの知識を持たない人も多いようです。

しかもそのような人々は自分の持っている、信じている知識そのものに疑問をもとうともしません。

判らないから指導者の言う事に従っていれば間違いが無いと多くの宗教信者は思っています、否、寧ろ疑ったり疑問を持つのは不幸になる、教団にたいして不敬だと盲信することで安心が得られると自分に言い聞かせているような節があります。

自分で疑問追及をしても答えが出てこないからです。

次第に盲信が盲信を助長させて他力信仰の悪循環の落とし穴に落ちてしまい出られなくなってもがきながら苦悩から抜け出せない自分の不幸さに時に陶酔して益々入り込んで正しさの追求から遠ざかることになる人々が如何に多いことか、冷静に自分の身の廻りの環境、人間観察、自然界の有様、等を正法的な見方で摺りあわせると全てに意味があり、なるべくしてそうなっていることに気附ければ良いのですが、自然も時に荒れ狂い人々に災厄をもたらします、それと同じように個人の生活の中にも色々なことが起きてきますが全てそうなる原因や結果の意味があるのではないでしょうか。

宗教は科学であり科学は宗教であると言えるでしょう、ただ今までの宗教者達は宗教を科学する目で見てこなかったのとそういう意識も持ち合わせていなかったので真実が見えないまま時には荒唐無稽なことを言い上から目線で人々の上に君臨し、「我は神なり我を信ぜよ」とか神の代弁者なりとか言い人々からお金を捲き上げて優雅で贅沢な生活をして憚らない教祖が多いのです。

可哀相ですね、人々をひれ伏せさせて優越感に浸っているようですが神の眼からみたら一番救われなければならないのはそのような哀れな教祖なのです。

高橋信次先生が説かれた法は科学的にも説かれたものです、その法を曲げて間違ったものにして多くの会員や信者に説き教えた自称、正法指導者達も巷の教祖達と同罪だと思います、それはいずれ自分自身でその犯した間違いを償うことになるでしょう。

人間は自然からはみ出して生きることはできません、自然は即ち正法そのものなのです。

謙虚な科学者は科学の理論が未だ未知なるものが多いことを認めています。

だから一生懸命真理を求めているのです。

しかし、心せねばならないのは心の世界のことを分析したり理論付けしたりゆわゆる心理学、哲学のような方向に行くと理屈だけが一人歩きし自己の心の向上とは違う道に迷い込むことになります。

古今東西、有名な哲学者は多く輩出されましたがその方達が大安心を得て幸せな人生を送れたのかと言うと甚だ疑問が生じます、学問化した知識で人の欠点や悪習が治せるかといえば困難だと思います。

高橋信次先生は心理学や哲学になってしまったら人は救えないと仰しゃった、共産主義を根底とする国は宗教を否定します、物質至上主義ですから長年そのような環境に人が染まりますと一般的な道徳まで低下し、人のことなどどうでも良い自分さえ良ければと言う人が増えます、愛や慈悲とは程遠い環境が作られてしまうのです。

愛や慈悲が少なくなると言う事はその地に住む人々に神の光が少なくなると言う事です、お隣の大国はまさしく今そのような状態になっています、しかし、人間は心の根底に神の意識に通じるものがありますから一部の人々は宗教に目覚めて信仰心をもちつつあるようです、でもその信仰する宗教は正しい教えから遠ざかり末法になったものです。

本当の教えに遭遇するには長い時間が必要でしょう、正法に縁を得るには転生の過程での縁が影響するからです。

高橋信次先生の教えに触れた方々は少なくともその縁を持って生まれて来た人です。

短い肉体人生をふわふわと生きて終わりを迎えることは勿体ない人生と言わねばならないでしょう。

「縁無き衆生度し難し」と言われました、皆さんは縁があるだけ幸せの種を心の中に持っているのです、その種を腐らせては本当に勿体ないですね。

あなたの生き方次第で花は咲きます。その花は貴方に安らぎを与えてくれるでしょう。

 

働くことの意味について考えたことも無い人々が多いのが実態ではないでしょうか、

働かないとお金が入ってこない、生きるためには食べること着ること住む所(住居)がどうしても必要になります。

熱帯地方、亜熱帯地方に住んでいる人々は着るものにそんなに重要性はないかも知れませんし食べ物についても割と簡単に手に入れることができるかも知れませんが地球上に住む人口の圧倒的多数の人々は何らかの仕事をして衣食住を得ています。

全く一人で自給自足をしている人は殆どいないと言っても過言ではないでしょう。

でも肉体の生存を維持するためだけに最小限の働きで少ないお金を得て山や田舎に自分で手作りの小屋を建てて電気やガスも殆ど使わずに生活する人や都市部ではネットカフェに寝泊まりして一週間に2,3日働いて生活して

「縛られるのは嫌だ自由な時間と生き方が楽しい」などと言っている人もいます。このような生き方の人を賛美する人もいます。

欲望から解放されて執着がないと考えているようです。

でも日本に住むには服を着なければ生活できません、食べ物もお金で買わなければなりません、例え畑で野菜を作っても調味料や何かを最小限買わないと食べることが完璧にできないでしょう。

着る物もお金で買うか人から貰うかは別にしてあらゆる物は誰かが働いて作られているのです。

ネットカフェで生活している人達もスマホが無いと日雇い情報が得られません。

そのスマホを作ることに従事している人々はどれだけの人々が関与しているか考えたことがありますか、

電気にしてもどれだけの設備や人が懸命に働いて供給されているのか一度考えてください。

お金を出したから使う権利がある等と思うのならばお金があっても何も手に入らない国や島に住んでみてください(想像でもいいです)仕事や働くということは自らの肉体生命の維持と共に他の人の命も貴方の働きで生きているのです。

自分が他の人の労働で生かされていることを知ってください。

今、日本は労働力不足と言われて海外から人を入れようとしていますし既に多くの外国人労働者が働いています。

身勝手な自分さえよければ後は知らないではいずれそのような生き方の人が自分自身の人生に後悔しなければならない時がくるでしょう、原因と結果の法から誰も逃れることは出来ないのです。

働く環境では人間関係の苦痛や悩み、また肉体を苛酷に使うようなこともあるでしょう、そんなの自分は嫌だと逃げて小屋住まいネットカフェ住まい。行き当たりばったりの日々の人生その先に何がありますか。

嫌なことから逃げて一生逃げられますか、好きになれる仕事に恵まれるには自己努力が先ず必要です。

ちょっと努力したけど上手くいかない、自分の望むようにならない、だから辞めると言う人もいますね、自分の好む条件にならないから嫌だと環境や周りの人々の所為にしてませんか、周りの人々も貴方と同様に自分の思うようにならないと悩んでいるのです。

人はそれぞれ想いは違います、だから自分の思うようにならないのがある意味当然なのかもしれません、多くの人の想念が渦巻いているのです。

その中で人は生きているのです、もがいて悩んで苦しんで、そうして成長していくのです。

なんでも自分の想い通りになる人生等退屈で楽しくないでしょう。

今一度良く考えてください。

 

今から

2600年ほど前にインドで説かれた釈迦の法に八正道と言うのがあります。

その中に正しく仕事をするという項目があります。

それは自分を生かし他をも生かすという意味が含まれています、どうぞ参考にして下さい。