自分の価値を決めるのは自分自身


聞いたことはあるもののそうは出来ないから困っているのだ!


という人は多いのかな?と思う。


それはそのはず。


だって私たちは小さな頃から正解を求めることばかりを教えられてきた。


それらは成績で、数値で、点数で表されてきた。


つまり目に見える形で…


だから、目に見える以外のやり方で価値を見い出すことが苦手なのだ。


出来ないのではない
ただ苦手なだけなのだ。


だからコツさえつかめれば、自分で自分の価値を見い出すことは出来る。


価値はもちろん見い出して良い。


見い出すべきなのだ。


ほんのすこしでも自分に価値があると思えたなら、世界はその色を変えたかのように見える。


スピリチュアルな話しではなく、事実そうなのである。

つまりは見え方、受け取り方、考え方が変わるから自ずと世界が変わるのだ。


今、自分には価値があると思えるだろうか?


それは、何かが出来るから価値がある


ということではなく、


ただ生きていている


このことのみを切り取ったときに


生きているだけで自分には価値があると胸を張って言えるか?


ということ。


私はずいぶん時間がかかったけれど、


今では大きな声でYES!!と言える。


それはとても幸せなことだと私は思っている。


それは、自分の命を、存在そのものを


愛し、認め、敬えているから。


それが


自分を大切にする


ということだ。


もしそれが難しければ、誰か大切な人のことを思い出して見てほしい。


その大切な人のことを思うとき、どんなことを思うだろう?どんな感情が湧くだろう?


それはそのまま自分への思いになり、感情に置き換えることが出来る。


誰かを大切に思えるのであれば、自分を大切にすることも必ず出来る。