「選ばれる講師」~企業・研修会社に選ばれる講師/Brew(株)

「選ばれる講師」~企業・研修会社に選ばれる講師/Brew(株)

人材育成業界、研修・セミナー、自署である「研修講師が企業・研修会社から選ばれる力」に関するお話。研修業界18年。1000人以上の講師に会い、自社でも350名の登録講師がいる。好きなワードは「なんかおかしくない?はイノベーションの種」

最近、業界の先輩方とお話していて、沢山の気づきを頂いている。

 

今日のお話は、この人材育成の仕事とは自分にとってどんな仕事なのか?

これを再認識する機会を頂いた、そんなお話。

 

 

 

起業当初、異業種の社長が集まる交流会に参加した時のこと。不動産かIT系だったか忘れたが、ある社長に言われた言葉がある。

 

「教育業界は、労働集約的じゃないですか。

 時間 ✕ 単価

だから、ビジネスとしては、大きく発展しづらいですよね。しかも、僕らからみると、頭良い人が競い合っていて、しかも狭いマーケットだから大変そう。」

 

 

その時、聞いた時は、なんだか、少しムッとしたことだけは覚えている。一方的なことを言うな~とか、そりゃそういう面もあるけど余計なお世話だ、と感じたのも覚えている。しかし、自分は、自分なりの反論というか、持論を展開できずに、口を濁してしまった。その場をどうやって終えたのか、よく覚えていない。しかし、強烈な印象を持って、このシーンを覚えている。

 

 

言われた内容だけじゃない。

持論を明確に語れなかった自分

そんな、悔しさ、情けなさ、その印象が強烈に残っていた。

 

 

最近、この話を、とある先輩コンサルタントとお話していて出てきた。

その方が、こう仰ってくれた。

「僕らの仕事ってさ、こっちは毎日の仕事かもしれないけど、向こうにとっては一瞬のこと。一瞬だけど、受講生にとっては一生に関わる可能性がある仕事なんだよね。この前も、ある受講生が、会社を退職されるとかで、お手紙を頂いたんだよ。あの時の講義で目が覚めました、あの言葉はずっと残っていました。いや、ありがとうだよね。こっちも嬉しかったし、改めて身が引き締まったよ」

そうだ

 

僕らの仕事は、人生を変えうる可能性がある仕事だ


その話を聞いて僕も思い出した

とあるメーカーさんの精鋭営業部隊を創るプロジェクト。1年間、一緒に伴走して、インプットと実践を繰り返していく。1期生、2期生、と毎年多くの受講生と、出会い、成長を見届けて、卒業していく。僕は、講師ではないが、事務局と講師の間をつなぎ、受講生のフォローをする立場だった。(多くが一緒にお酒を呑み、語っていただけかもしれないが・・・)

 

その時の卒業生とは、たまに今でも数人は話をする。

「原さん、あの時面白かったね、まるでダメだった僕たちを○○先生がしっかり導いてくれてさ、原さんはいつも一緒にいてくれた。お陰で、僕は、所長になれました!しかも、競合メーカーが強い苦戦するエリアの所長です。この激戦区でもなんとかやっていますよ。しかし、あの頃、よく僕らを見捨てなかったですね~、笑」
そんなメッセージを頂いたりする。有り難い。

 

そうか、僕らの仕事は、建設物のように形には残らないけど、記憶に残る仕事なんだ。

 

昔、異業種交流会で、言われた時に、持論を展開できなかったのは、人材育成という仕事に対する僕の自覚、覚悟が足りなかったんだ、そう思い返したのです。そう思えば、あの時であった不動産だかIT系の社長には、よい機会を頂いたな、と。

 

 

昔思ったことがある。

 

国を滅ぼすには、武器はいらない。

教育を崩壊させるだけ

 

(どこかの偉人が語ったような言葉だったと思っているか、ググったが出てこない)

 


今、コロナで教育の仕事も、大激変の中にある。

来年度は、企業業績の悪化から、教育予算の削減などもチラホラ聴こえてくる。

 

 

そんな中でも

僕は、人材育成の仕事を誇りを持って行っていく

先人・師匠の教えと、共に切磋琢磨する仲間とともに


 

 

#組織発酵学

#KAIHENTAI
#Brew

 

 

2021年2月7日

 

 

Brew株式会社 代表取締役

原 佳弘

 

大混乱の2020年もあとわずか

自身のためにも、少しでも皆様のためにもなるように、総括と展望を記してみました。

 

【1】コロナに拠る、オンライン化の波

 いままで、eラーニングや収録動画による研修を、なまじ補足的なもの、あるいはハッキリ言ってしまうと、二流・亜流というように、登壇講師は、そして中には企業担当者も、思っていた節がありました。しかし、今年の4月は、「eラーニング、収録動画の活用」が、急激に増えました。そうせざるを得なかった、という状況もありますが、コロナが収束が見えない今、今後も活用は減ることはないと見ています。Udemy、Schoo、などの企業一括契約が増えたと聞きました。
 

 そして、ZOOMやWeb-exに代表されるオンライン会議ツールに拠る「リアルタイムオンライン研修」も、急増しました。弊社の実感(具体的に計測していませんが)、企業個別研修においては、対面リアル研修とオンライン研修の割合は、3:7と感じています。(時期にもよる変動も大きかったですが)

この点、業界の大手である(株)インソース様が、オンライン研修の割合を月別に公開しています。これを見ると、5月に70%超とオンライン比率が急増し、7月にかけて23%とオンラインが減少し、そこから秋にかけて40%弱と再び増加しました。これは弊社の実感と同じ変動傾向ですが、オンラインの割合が弊社のほうが高く感じました。


(株)インソース 数字で見るインソース(月次)

 

来年も、この傾向は続くものとして考えています。
つまり、リアルもオンラインも、今後も併用が続く、ということでしょうか。

【2】それぞれの本質が炙り出された

 こうした環境の急変は、我々研修会社、研修講師だけでなく、企業側、人事担当者側にも大きな影響を与えました。この短期間に、やり方を変えるのか、中止してしまうのか、なんどかやれる方法を模索するのか、、このあたりが、企業による方針、姿勢の違いが明確に見えた事象でもありました。色々な事情があるにせよ「あ、そんなに簡単に人材育成を手放してしまうんだ」と感じたことも多々ありました。

 一方、それは我々研修会社側にも同じく大インパクトがありました。こんな記事を書いておきながら、お恥ずかしいのですが、自分も3月末、8月上旬と、かなり弱気になり、自信がなくなり、暗い顔をしていたことをよく覚えています。しかし、私が加えていただいている「研修会社社長の会」という同業コミュニティがあり、ここで、苦しい中でも背中を魅せてくれる同業先輩社長に、かなり引っ張ってもらいました。「あんなに社員たくさん抱えて固定費大変だろうに・・・もっと挑戦しているんだ!」と奮いたたせてくれたのも覚えています。自身の弱さ、課題を痛感しました。全体的には、研修会社としての、法人としての人格、魂がより試されたのではないか、と痛感しました。

 そして、講師の方々に対しても同じ様に試された1年だったのではないか、と感じました。SNS等の投稿での「オンライン研修への対応意向」「その意見など」をよく見ていましたし、実際の登壇の様子なども耳に入るもの、ネットから伺えるものがありました。技術的、環境的なオンライン研修への可否、意欲だけでなく、その方の生き方、生き様、意気込みのようなものが、このコロナを通じて、露わになったのでは、と感じます。

 

 下記の3で上げる、ピョートルさんも同じような事を仰っていました。講師の仕事に対するスタンス、価値提供などが、例年より鮮明に映し出されたように感じます。仕事が減ったからでしょうか、不安な世の中だからこそなんでしょう、承認欲求や自己顕示欲で講師をしている方と、そうでない方、より肌感覚で露わになったようにも思えます。

【3】今後の講師の役割は?

 11月に、小職も一部パネラーとして登壇させて頂いた「講師サミット」。ここに一番バッターで登場された、元Googleで人材開発をされていた「ピョートル・フェリクス・グジバチ」氏の講演にアタマをぶち抜かれたことを覚えています。講演で、刺さったキーワードは、私も共感したからこそ残っているものです。いくつか自分なりに翻訳してみて挙げてみますと、、、

 

 1)講師が何かのテクニカルスキルを教える時代はもう終わる

  ⇒AIがあと何年でテクニカルスキルを教えられるか?逆算してみると・・・

  ⇒今年のような激変が、今後は内部崩壊的に始まるかも

 

 2)自分を講師という枠組み、ポジションに置いていることが成長を止めているかも?

   ⇒顧客も自分を講師という枠組みに押し込めている同罪かも

   ⇒”講師”という肩書が、古くさ~となる時代が来る!?

 

 3)「教える」という価値提供がもう時代遅れ

  ⇒組織、そこで働くヒトの変化があり、知識やルール徹底のために「教える」ことが大事か?

  ⇒講師の側から、新しい価値創造、視座視野が必要かも

 

いくつか、自分なりの言葉に転換していますが、自分が想像していた不安が一気に現実化しそうな、、、一方で、この変化にどう対応していくか!?そんな挑戦心・ドキドキも同じく感じたのでした。もちろん、自戒、自省、そして挑戦の念をこめて。


さて、今年はコロナで旅行も帰省も、会合もあまりできません(苦笑)
雑音、雑務に忙殺されないだけ、色々ブレインワークに集中できそうですね!
私は、組織発酵学の仕上げ、webサイト開発、もう1つ新規開発プロジェクトの三つ巴です。
自身や自社の課題を見つめ、内省しつづ、前に進む決意です。

未来をどう色付け
自分をどう意識付けし

来年の計画に大きな石から書き込む

そんな2020年の年末年始を過ごすつもりです、私は
さあ、いざ勝負!

 

#コロナ禍

#人材育成

#研修

#講師

#2021年展望

 

Brew株式会社 代表取締役

原 佳弘

 

 

 

コロナ第3波がニュースになっていますが

我々、研修業界は、研修実施✕来期の企画日程調整✕新入社員研修の調整と、3つの大きな波を迎えている所です。

 

さて、今日は短期的なお話ではなく、中長期的なお話をしてみたいと思います。


私は、このニュースが気になりました。

 

 

○電通が社員230名を個人事業主化へ

 

 

もっと前には、タニタさんも同じ動きがありました。

 

 

 

弁護士、そして就職をする学生、そしてネット記事などではこの取組に対する批判的な声も多く取り上げられていました。
私の立場としては、この採用やその法律的な可否を議論するのではなく、このさきに見える、フリーの研修講師に対する未来について取り上げてみたいと思います。

今回のこの動き、流れは、主に以下のような背景があると思います。

・ワークライフバランスを目指した、労働時間の削減の行き詰まり

・やる気のある社員(もっと仕事をバリバリやりたい!)というニーズへの対応が難しいこと

・仕事を通じて、能力を上げたい、スキルを身に着けたいという社員が 流出してしまうリスク

 (ベンチャーや社外でのフリーな動き方に優秀な人ほど流れてしまう)

・企業側も、定年延長を始めとした動きに対応して、長期の固定的な雇用契約が難しくなったこと

 

つまり、もう長年、雇用契約を維持することが難しくなってきたこと、

そして、優秀な人のリテンションのため、自由な社風・体制を維持することで

優秀人材をつなぎとめておきたい、というねらいがあることも想像できました。

 

一方、ミドルやローパフォーマーは、どうするのか???
やっぱり、いままで通りの研修を行うのか・・・

そもそも、このローパフォーマーに対して、コストをかけるのか・・


大人の学び直し(リカレント教育)などは、昔からあるが

データを見ると、オトナの日本人は学ばないことがデータからは明瞭に見えている。。。

やはり、人材の再活性化は必要なのか・・・?



企業内の人材育成で想像できることは

・優秀人材は、(今もそうだが)自主的な学びや社外での活動で学んでいく

・優秀人材をつなぎとめるための施策にコストをかけていく

・企業側は、コスト削減でローパフォーマーには教育予算を

 かける企業と、かけない企業に分かれる

 

 

一番、気になる点は

「もしかしたら、固定的な企業研修のニーズは減るかもしれない」

という点を想像しました。

 

というのも

・優秀人材向けは、各自が個人事業主的に、自主学習すれば良い

・ローパフォーマー向けは、コストを掛けない可能性がある

・階層別、昇進時などのグルーピングが意味をなさなくなる

という流れも、一つの未来予測としてあるからです。

 

 

講師として、特に外部講師としての役割、機能、そして視座視野を

どうあり方と戦略を立てるか、皆様と一緒に検討していきたいと思っております。

 

 

Brew株式会社

代表取締役

原 佳弘


本日は、講師や人材育成に携わる方にご案内です。

コロナで誰もが悩む今、新しいヒントやアイディアを掴むチャンスになれば、と思っております。

 

コロナでこの人材育成業界は様変わりしました。

あの悪夢のような、3~6月を超え、7月から少し仕事が増え、そして10月にはかなり研修の仕事が増えてきました。一方、人材育成コンサルティング、組織開発などの仕事は、コロナ中でもあまり仕事は減っていない印象でした。

そんな話を、研修会社の社長会でお話がでていたところ、知人でもあるガイアモーレ(株)の社長であり、日本プロフェッショナル講師協会の代表 須子はるか社長が、「この業界を元気づけたい!」と素敵なイベントを企画してくださいました。

 

『講師サミットオンライン2020』

詳細はこちら

https://j-pia.net/summit2020/

 

 

 

 

・元Google人材育成責任者 ピョートル氏

 「教育と働き方のイノベーション」ということで世界の潮流とこれからの組織のあるべき姿を

・アンソニーロビンズを日本に招致したセミナーズの清水康一朗氏

 「withコロナ時代に選ばれる講師のポジショニング戦略」を

・京都芸術大学副学長、本間正人氏

 「オンライン研修で使えるアイスブレイクワークコンテスト!」を

・関根雅泰氏×島村公俊氏

 研修をやりっぱなしにしないために!「コロナ時代の研修転移の理論と実践」を語ってくださる

・YouTube2000万再生以上のカリスマ講師!渋谷文武氏

 

・金メダリストコーチ平本あきおさん

 「アドラー心理学を活かした個の変容から組織変容への取組み」を

・ライブ講師実践会の寺沢俊哉氏さん

 「オンライン時代を楽しもう!スゴイ話術がなくても『リピートされる講師』になれる!新しいストーリーラインのつくり方」を

・全世界30か国以上で12万人以上が受講!

 ボブ・パイクの『参加者主体の研修手法』入門(中村文子氏)

・スタンフォード大学のオンラインハイスクール星友啓校長

 「次世代のための『生き抜く力』のすすめ 〜オンラインだからできた全米トップ進学校を徹底解剖!〜」を

・探究学舎宝槻泰伸氏

 「子どもの『学ぶ気持ち』や『探究心』に火をつけるには?」を

・地域活性化の専門家でもある多田朋孔氏

 「1ヶ月でチャンネル登録1万人!YouTubeのはじめ方」を

 

 

・パネルディスカッション

  「人気講師とエージェントが語る!アフターコロナで生き抜く『講師の生存戦略』とは?」を

 研修女王大串亜由美✕Brew株式会社原佳弘✕キャリアコンサルタント大西恵子

 ✕オンラインコンテンツのプロデューサー渡辺氏

・リピート率98%の講師が教える!実績ゼロから『研修講師』として活躍するまでのロードマップ

 大島佳子氏

・「元笑い芸人の研修講師から学ぶ!受講者を惹きつける笑いとイジリの技術」

 中北朋宏氏

・「あなたの知識をお金に換えて副業講師で月10万円稼ぐ!」

 西條由貴男氏に

・大谷由里子

 日本プロフェッショナル講師協会2周年記念オンラインパーティ

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

とまあ、この業界の著名人が集結しました。

私は、パネルディスカッションに参加させていただきます。

 

 

無料招待枠もあるようなので、ご感心あれば、お早めにお席の確保を!
 

「講師サミット2020」 詳細はこちらから↓

https://j-pia.net/summit2020/

 

 

 

Brew株式会社
代表取締役

原 佳弘

 

 

 

このシリーズ4本目のお話です。

今回は、選ばれる講師に必要となる「土台」の3つ目

 

「テーマ・ソリューション・ノウハウ」です。

 

 

テーマと言うと、研修やセミナーのテーマを思い浮かべがちですが、この段階でお伝えしたい「テーマ」とはその意味ではありません。

 

ここで必要となるものは、ご自身が苦しんで身につけた実践経験、苦労して克服した経験、汗水たらして長く続けたこと

これらを、まとめたものです。

 

言い換えると、

・あなた自身しか経験していないこと

・あなただから伝えられること

・あなただから言える言葉、キーワード、メッセージ

 

こつまり

・それは、どんなテーマなんですか?

・それは、どんなソリューションになるのですか?

・それは、どんなノウハウとして整理できますか?

・それは、どんな対象者(受講生)に伝えることができるものですか?

そういった意味となります。

 

前回の「その2」でお伝えしたことと、少し近いのでは?と思う方もいらっしゃると思います。

確かに、過去のことを整理してみるという意味では近いかもしれません。

 

しかし、その2では、「ストーリー性」が大事でした。

受講生や研修の発注者さんに「共感してもらう」ためにも、必要となるものでした。

 

今回の「その3」では、自身がどの領域の講師なのか、どんな解決策を持っているのか

という「講師としての商品性」にスポットあてたものをあぶり出していくのです。

※まだこの段階では、講師のポジショニングや研修プログラムに落とし込まなくて良いです

 

整理して端的に伝えられるようになっていることが求められます。

そして、より「独自性」があると尚良いです。

 

繰り返しますが、

・あなた自身しか経験していないこと

・あなただから伝えられること

・あなただから言える言葉、キーワード、メッセージ

ここから、「講師としての商品性」につながるものを拾っていくのです。

 

これが、出来上がってくると、いよいよ

『あなたは何の講師ですか?』という問いに明確に応えられる

”ポジショニング””看板””ブランド””キャッチコピー”が出てくる様になってきます。

 

いよいよ、次回で、今までお伝えしてきた「2つの原則」+「3つの切り口」使って

ポジショニング作りをしていきましょう。

 

※過去の記事も御覧ください。

 

 

Brew株式会社

代表取締役

原 佳弘

 

 

●Brewの講師養成講座
「講師のポジショニング、ブランド、中心作りコンサルティング」

https://www.brew-ing.com/koushiikusei.html

 

●Brewチャンネル ~講師や研修担当者向け動画~
https://www.youtube.com/channel/UCGKaatBS3ACPIMAK8tAF5gg