長野県の高校入試は英語がとっても重要!・・・な理由 | でんパパのブログ

でんパパのブログ

松本ゼミナール代表・傳田の「ためになる!・・・かもしれない話」


テーマ:

 

先輩たちの入試の結果から学ぶ

この春の長野県の高校入試の結果はこんな感じ!

 

 

今年も教育委員会から高校入試の結果について

「こんな感じでした~!」 という資料が発表されました! ( ̄▽ ̄)キラキラ

その内容について

 

いわゆる 「後期入試」 は11,389人が受験して

各教科の平均点は

国語 64点 (標準偏差 17.5)

社会 50点 (  〃   18.7)

数学 52点 (  〃   19.2)

理科 47点 (  〃   18.7)

英語 58点 (  〃   25.8)

単純に合計すると 5教科で271点で

平均点から見ると

ここ数年の高校入試の中では "やや簡単" だったかなとか

理科の難易度が毎年上がったり下がったりするな

とかいうのが感想です。

 

 

 

で! ここでむしろ重要なのは、平均点ではなく

その後ろにある 「標準偏差」 というヤツです (ノ゚ο゚)ノビックリマーク

 

この標準偏差とは・・・

"どれぐらい点数が散らばっているのか" を表す数字で

 → 標準偏差が低ければ 「みんな同じような点数に集中」

 → 標準偏差が高ければ 「上から下まで点数の幅が大きかった」 

という意味。

この春の長野県の高校入試では、英語の点数の開きが

ものすごく大きかったということが分かります。

 


 

これは、全受験生の得点分布をグラフにすると

ものすごくハッキリ分かります

普通テストというものは真ん中が高いキレイなグラフになります。

(これを統計学では正規分布といいます) 

ところが長野県の高校入試の英語のグラフはなんとこんな形!

 

 

むしろ30点から60点以下あたりの "普通な人" は少数派で

 「あ~もう私、英語は全然ムリ~ (´_`。) 」 

  25点いかなかった、っていう人と

 「英語で稼いで差をつけました :*:・( ̄∀ ̄)・:* 」 

  80点超えましたっていう人が

それぞれドカ~ンとたくさんいたという!

 

 

 

ということはつまり・・・

長野県の高校入試は、英語が得意な人が強い!

 

その他の理由も合わせてまとめると

 ◇英語がちょっと苦手という人は、ドカーンと負けちゃう可能性が高い

  (他の教科が苦手という人よりも大きく不利)

 ◇英語が得意という人は、英語で大きな差をつけることが可能

  (他の教科が得意という人よりも大きく有利)

 ◇しかもそもそも英語の点は、問題に内容によって左右されにくく

  実力がある人がしっかり得点できて、「番狂わせ」 も起こりにくい

 

しかも! この傾向は今年が特別というわけではなく、

長野県の高校入試ではほぼ毎年

"全教科の中で標準偏差が一番高い教科" は英語なのです!

 

 

 

ん~また、ためになる話を書いてしまった。

はい、以下広告です ・・・ (´∀`) ・・・ヒヨコヒヨコ

 

松ゼミ&長ゼミでは、各教室で

「英語の集団授業」 「英語の個別指導」 はもちろん

最新のA I 教材を使った、「話す」 「聞く」 の強化コース

「Speaking Plus」 スピーキングプラス

もご用意しています。

 

今の入試対策にはもちろん

2020年の入試改革にもばっちり対応していますので

気になったらぜひ 「無料体験」 をしてみてください!

ご案内はこちら >>> 英語4技能対策・スピーキングプラス

 


松ゼミの詳しい情報はこちら >  ■■ 90%が紹介入会の塾★松本ゼミナール ■■
長ゼミの詳しい情報はこちら >  ■■ 90%が紹介入会の塾★長野ゼミナール ■■

 

でんパパさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス