一流のサービスを受ける顧客のマナーと振る舞い | 元国際線CA直伝 印象管理と接遇スキルで魅力100倍!マナーコミュニケーショントレーナー藤井直子

元国際線CA直伝 印象管理と接遇スキルで魅力100倍!マナーコミュニケーショントレーナー藤井直子

あなたの強みと魅力を五感で伝える真のマナーと、カラー・ファッションで、本物の一流パーソンにふさわしいコミュニケーション力を磨きます。あなたが目指すステージで満開の輝きを咲かせる支援致します。

こんにちは。 ウィズセンス合同会社

イメージコンサルタント、マナー・コミュニケーショントレーナー藤井直子です。

 

 

私のお客様には、

接遇仕事に従事する方、

これからその仕事に就きたいという方が

とても多くいらっしゃいます。

 

 

接遇パーソンの対応一つが、

顧客とのコミュニケーションを大きく左右しますから

一人ひとりがプロとしての心構えを持ち

対応する力がとても大切なのです。

 

 

 

 

先日も
ちょっと新作のお化粧品を見たいと思い、
お店に入った瞬間、
いきなり
「こちらにどうぞ」とカウンター席を案内する店員さん。

 

 

お洋服を見ていると一方的に
「こちら人気商品であと1点なのですよー」話しかけてくる店員さん、
に出逢いました。


 

ゆっくりと商品を見たいのに、困ったものです。
私の周りにも、
そのような場合、そっとしておいて欲しい、
という人がとても多いように思います。


逆に、
お尋ねしたいことがあって

目線を送っているのに、
全くこちらを見ようとしない店員さんなど、
お店やスタッフによって
対応は本当に様々ですね。

 


本来であれば、
お客様にとって居心地の良い環境を与えるのが
ホストの役割。

 


ですが、
“商品を買ってほしい!”そんな一心が
お客様の心情に反して、
居心地の悪い印象を
与えてしまうのです。

 


(このあたりは、
私の企業研修やコンサルティングの際には
特に気を付けるように理由を含めて
お伝えしています。)  

 

 

今回は、顧客としてのマナーをお伝えします。


そのような時には、
とっておきの一言があります。



「少し、ゆっくり見させてくださいね。」

”自分のペースでゆっくりさせてね”
というこちらの気持ちを、

相手の目を見て
にっこり微笑んで伝えます。


すると、殆どの店員さんが、
我に返ったように、
「はい!どうぞごゆっくりご覧ください」
とおっしゃってくださいます。

 

 


そして、何かお尋ねした時には、
店員さんも感じ良く対応して下さいますからね。


“お客だから“上等に扱われて当然、
そのような意識があると、
相手の対応にますます
イライラしてしまうもの。


相手本位の対応に流されるのではなく、

笑顔、
アイコンタクト
明るい声など基本のマナーで
お店側にも接することが。

自分も相手も
気持ち良く過ごす秘訣です。


是非、お試し下さいね。


 

 

宝石赤【好感と信頼感を与える第一印象とコミュニケーションスキルアップ
プライベートセッション】 です。

お申込み・詳細はこちらです。

 

 宝石赤パーソナルカラー・スタイリングコンサルティング

こちらのコンサルティングでは、

魅力を最大限に引き出す

相手や状況に応じた色づかいのポイントを
お伝えしています。

 

宝石赤ホームページhttp://with-sense.com/

宝石赤English website http://with-sense.com/en/      

 いつも ’いいね’ 読者登録を沢山頂きまして、
どうもありがとうございます。
このブログで少しでも心に残ることがございましたら、
’いいね’ をクリックして頂けますと、励みになります。