相手が快く受け入れる話し方3つの秘訣 | 元国際線CA直伝 印象管理と接遇スキルで魅力100倍!接遇コンサルタント 藤井直子

元国際線CA直伝 印象管理と接遇スキルで魅力100倍!接遇コンサルタント 藤井直子

あなたの強みと魅力を五感で伝える真のマナーと、カラー・ファッションで、本物の一流パーソンにふさわしいコミュニケーション力を磨きます。あなたが目指すステージで満開の輝きを咲かせる支援致します。

こんにちは。藤井直子です。 


企業研修で行ったマナー・コミュニケーション研修で
受講生の方から
’今まで相手との距離感や位置など気にしたこともなかったので、
相手とのパーソナルスペースも大切にし、接していきたいです、’
など嬉しいメッセージを頂きました。

 

 

 


人と接する際に、
大切にすることが増えるほど、
その人の表情や振る舞いなどから
相手に伝わる気持ちも豊かになっていきます。


その気持ちを大切にしている人は、

人望も高まりそうですね。

 

 


 

今回は、私が企業研修やコンサルでもお伝えしている
“相手が快く受け入れる話し方3つの秘訣”
をお伝えいたします。


声掛け一つで
相手に与える印象は大きく変わります。


困っている人を見て、

”手伝ってあげたい”、
”何か役に立ちたい!”
と思いながらも、

何と切り出していいか分からずに
タイミングを逃してしまったり、

命令されたように受け取られて
相手に不快な印象を与えてしまった、
など、
せっかくの思いを伝えられない人も少なくありません。



こちらからお声掛けをする際は、

・誰に話すのか
・適切なタイミング

・適切な話し方

の3つを大切にしましょう。



その為に日頃から、

・相手がどのような状況なのかをよく見る。

・相手の心情を感じる。

(忙しそうにしているのか、そっとしておいてほしいのか、、)
ようにします。



体調が優れなさそうにしている上司へは、
『“よろしければ”、何かお手伝いいたしましょうか?』などが良いでしょう。


この際の

”恐れ入ります”
“よろしければ”などの一言は、

命令口調ではなく、柔らかくお願いをしている印象や
控え目な印象を与えます。


相手には、
自分を大切にされている、
よく見てくれているなど、
あなたの誠実さも伝わるでしょう。


さらには、 ワンクッション置くことで、
相手に聞く準備を与えることもできるのですよ。

 

相手をよく見て、
相手の心情を感じて、

タイミングよく、相手が心地良い声掛けをしたいですね。


あなたの話を受け入れよう、
あなたに何かお願いしよう、などと
相手は心を開いてくれると思います。

 

宝石赤 このメール講座たくさんの方が一流パーソンに必要な要素を実践,成果を実感なさっています。

宝石赤【好感と信頼感を与える第一印象の磨き方~

自然体のあなたが夢を叶える!プライベートセッション】 です。

月 あと2名さま。

お申込み・詳細はこちらです。

 

宝石赤【サクセス面接対策~0,3秒で面接官の心を掴む!あなたの強みで内定獲得プライベートセッション】

 自分の強みや課題がわかり、

納得のいくエントリーシート、自己PR、志望動機を伝えることが出来るセッションです。

 いつも ’いいね’ 読者登録を沢山頂きまして、
どうもありがとうございます。
このブログで少しでも心に残ることがございましたら、
’いいね’ をクリックして頂けますと、励みになります。


にほんブログ村

元国際線CA直伝 藤井直子 0.3秒!美しさの法則 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります