コミュニケーションに大切な観察力 | 元国際線CA直伝 印象管理と接遇スキルで魅力100倍!接遇コンサルタント 藤井直子

元国際線CA直伝 印象管理と接遇スキルで魅力100倍!接遇コンサルタント 藤井直子

あなたの強みと魅力を五感で伝える真のマナーと、カラー・ファッションで、本物の一流パーソンにふさわしいコミュニケーション力を磨きます。あなたが目指すステージで満開の輝きを咲かせる支援致します。

こんにちは。藤井直子です。

 

 

 大学での講義、個人様へのコンサルティングが続いております。

{37E2D9CC-2275-4888-AEC8-549400DCC0C8}
講義の後に見える美しいタワーです。


 

私たちは日常、

メール、電話、SNS、会話など様々な手段で

メッセージのやり取りをしていますね。

 

 

  

でも、自分が伝えたそのままを、

 

相手が受け取るとは限りませんし、

 

受け取ってくれるものという思い込みも、

 

身勝手なものです。

 
 

家族でも、

経験、考え方、嗜好、価値観は

それぞれ違う者同士ということを

理解しているかどうかが、

ミスコミュニケーションを防ぐ第一歩なのです。

 

 
 

あなたが、どんなに素晴らしいことを伝えても、

 

相手がわかっていないようであれば、


コミュニケーションの取り方を改善する必要が

あります。

 

「ちゃんと伝えたはずよ。

わかっていなかったの?」

 
 

このようなことは、
仕事の質を低下させてしまいます。

 

 

ミスコミュニケーションの要因は様々ですが、

その一つに、

 送り手と受け取り手のペースの違い

があります。

 

 

例えば、
 

話し手の話すスピードが速いと、

 

聞き手は、話しについていけず、

メッセージを理解することが出来ません。

遅くても、テンポが合わずに、

イライラさせてしまいます。

 

 

 

 ・場にそぐわない声の大きさは、

メッセージそのものではなく、

威圧感など不快感を先に印象付けます

 

 

 

・聴き取りづらい小さな声は、

内容が聞き取れないストレスを与えます。

 

 

・抑揚のない平坦な話し方は、

感情が伝わらず、
聴いていて不気味です。

 

 

 

いずれも聴き手の理解度や反応を確認することなく、

伝え手が一方的に話した結果

引き起こされたミスコミュニケーションといえるでしょう。


 

 
 

コミュニケーションは、

メッセージ、手段、相手がいて

初めて成立
するもの。

 

 

ですから、同時に、

受け取り手が確認することも必要なのです。

 

 

例えば、
  話し手のスピードが速く理解できないのであれば、

「もう少しゆっくり話してもらえませんか?」


 

 分からない用語が出てきたら、そのままにせずに、

【質問する】

 

という双方の歩み寄りが何よりも大切です。

 

通常のコミュニケーションでは、

 

相手の話すスピードや、

 

声の大きさなど、

相手を観察して、

 

相手のペースに歩み寄る姿勢が

円滑なコミュニケーションを行う上で大切
ですね

 

 

 宝石赤一流パーソンが実践しているメール講座です。

 

宝石赤【好感と信頼感を与える第一印象の磨き方~

自然体のあなたが夢を叶える!プライベートセッション】

4月のお申込み・詳細はこちらです。

 

 いつも ’いいね’  読者登録を沢山頂きまして、

どうもありがとうございます。

このブログで少しでも心に残ることがございましたら、
’いいね’ をクリックして頂けますと、励みになりますキラキラ 


にほんブログ村

元国際線CA直伝 藤井直子 0.3秒!美しさの法則 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります