辛い出来事へ対処した話と、切なる願い | 摂食障害を乗り越えて

摂食障害を乗り越えて

過食嘔吐に対し、2018年9月から対人関係療法を受け、ほぼ完治しました。治療記録、治療で学んだことと、ボディメイクの記録。


テーマ:

昨年の10月くらいだったかな、

摂食障害の治療をしていた時期に

 

バイトで私の対応が悪くて

お客さんを怒らせてしまう

という事があった。

 

 

 

 

さらに、帰ってから主人に

私がキツい言い方をして

喧嘩になってしまって

 

もうやだ、消えたいチーン

という気持ちになった。

 

 

 

そしてその後、24時間泣き続けた。

(ご飯とか寝る時は泣いてなかったけど)

 

 

感情を抑えないで出し切ることを

クリニックで教わっていたので

飽きるまで泣こうと思ったのだ。

 

 

 

 

36歳なのに、小さい子供みたいに

めっちゃ泣いた(笑)。

 

 

 

 

で、泣き続けながらも

治療でもらったプリントを見ながら

教わった方法を実践した。

 

 

 

 

 

・感情を出し切る

・衝撃の4つの受け止め方を使う

・自分をねぎらい、別の考え方を採用する

っていう方法だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

↑その時のメモ。

ブログに載せるために清書しました。

 

 

 

結果、過食嘔吐には至らず、

泣いた後はすっきりとした気分。

 

 

 

辛い出来事があっても

過食嘔吐を使わず対処できたことは

すごく自信になった。

 

 

 

関連記事 過食しないでイライラを解消する②

 

 

赤薔薇  ピンク薔薇  赤薔薇  ピンク薔薇  赤薔薇

 

 

この「自分の感情に対処する」方法を

治療を通して知ることが出来た私は

本当に幸運だと思う。

 

 

 

この方法を多くの人に知ってもらいたいと

心から思う。

 

 

 

この方法を知って実践するだけで、

生きることが本当に楽になるし

精神的に強くなれるから、

いろんなことに挑戦できる。

 

 

摂食障害も依存症も少なくなると思う。

 

義務教育に取り入れてほしいくらいだ。

 

 

 

 

そうすれば、日本人の良さを残したまま

強くなって国が栄えると思う。

 

(↑笑っちゃうくらい壮大な考えだけど

本当に思うの。)

 

 

 

 

 

多くの人に知ってもらうには、

どうしたらいいのだろう…

 

 

私にしてはかなり真剣に

日々、考えている。