食べるのが怖くなった私の戦い方 | 摂食障害を乗り越えて

摂食障害を乗り越えて

過食嘔吐に対し、2018年9月から対人関係療法を受け、ほぼ完治しました。治療記録、治療で学んだことと、ボディメイクの記録。


テーマ:

今日は仕事から電車で帰っているとき、

急に「食パン食べたい!」っていう

衝動が来た。

 

 

それも、ただの食パンじゃなく、

「コメダ珈琲のトーストが食べたい」

っていう具体的な衝動。

 

 

過食しなくなってから、

パンはほとんど食べない私。

 

パンを食べたいと思わなくなっていたから

ちょっとびっくり、そして若干不安になった。

 

 

 

体に「本当に食べたい?」って聞いたら、

食べたいみたいだった。

 

心の要求じゃなく、体の要求だった。

 

参考記事:体の空腹か?心の空腹か?

 

 

 

じゃあ、食べよう!ってことで

途中下車してコメダ珈琲へ。

 

運ばれてきたトーストがこちら↓

 

 


 

 

 

ドーンパン

 

あ ・ つ ・ ぎ ・ り!!

 

 

 

「美味しそう~ラブ」って思った次の瞬間、


奴らはやってきた!

 

 

 

「これ、何枚切り?6枚切りの2枚分くらいだよね」

「ってことは、1/2斤?カロリーやばいね」

「糖質、脂質は何グラム…」

「GI値高いよね、血糖値爆上げ系じゃない?」

「脂肪がつくだろうね~」

「こんなの食べたら、トレーナーの先生は

何て言うだろうね?怒られるんじゃない?」

「やっぱり半分で辞めといたら?」

 

 

こんな声たちが、頭で騒ぎだしたのだ!

 

 

 

私は、、、

 

 

食べるのがめちゃくちゃ

怖くなった!!ガーンガーン

 

 

 

半分で、辞めようと思った。

 

でも、本当にそれでいいの?

って考えた。

 

 

たくさんたくさん考えて、、、

 

シンプルな答えにたどり着いた。

 

 



 

お腹がいっぱいになったら残そう。

 

美味しくないと感じたら

食べるの辞めよう。

 

100%、体を信頼してみよう。

 

 

 

そして、全身全霊で味わった。

 

 

 

一度もスマホを見ることもなく、

雑音に気を取られないようにイヤホンをして

全神経を口の中と飲み込むまでの

喉の感覚に集中させた。

 

 


バターとジャムも怖かったので

少しだけつけて、足りなかったら

少しずつ追加した。




 

半分食べた。

…まだ、お腹はいっぱいじゃない。

 

 

 

4分の3食べた。

…まだ、美味しいと感じる。

 

 


 

そして、完食!!

 

 

あぁ、やり遂げたよ!

見て、全部食べたよ、お母さん!

(母は関係ありません 笑)

 

 

 

すごい達成感だった。


全部食べたからではなく、

体を信頼しきれたことの達成感だ。

 

 


黄色い花 黄色い花 黄色い花 黄色い花 黄色い花

 



私は、摂食障害完治したって

思いたかったけれど

たぶんまだ、克服途中だ。

 

 

偉そうに色々書いているけど

全く普通の人のようには

まだ食べられない。

 

 

でも前には進んでいると思う。

 

 

1ヶ月くらい前にも

「食べるの怖い」があったけれど

その時よりも考え方が

シンプルになっている。

 

その時の記事↓

急に来た「食べるの怖い」の衝動と対処

 

 

 

こういう気持ちって忘れちゃうから、

ブログ書いててよかった。

 

 

 

読んでくださっている皆さん、

本当にありがとうございますニコニコ

 

誰も読んでくれなかったら

ブログなんて続けられないもの。

 

本当に感謝です。

 

ありがとうラブラブ