内閣府の経済財政白書でも!人財投資1%で業績向上0,6パーセント | 企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。


テーマ:

先日、日本経済新聞に興味深い記事が掲載されてました。

 

よく人を教育するのに企業が投資してもそれで何が変わるの?と

いうことを言われる方がいらっしゃいますが

 

今回それをデーターで発表

まさにやはり人材に投資した企業は成長していく!ということが証明されております。

 

人材投資はなかなか目が出ないようにも思いますが

それは全体像を描かないままスタートするからです。

 

何が課題か、明確に数字で見える化することで

課題も見える化されます。

例えば社員のモチベーションもアンケートなどを上手に使えば数値化できます。

またお客様対応などを一律に保つには研修などを導入することで

数字がどのような変化をたどるかわかりやすいものです。

 

ではなぜ、中小企業ほど人材に投資できないのでしょうか?

もちろん日々の業務がそれぞれ多く、時間を一緒に取るのが無理

そんな高い研修費払えない・・・などなど理由は色々あるでしょう。

 

でもキチンと行っているところはありますし
中小企業ほどその体制を整えない限り成長も厳しくなります。

 

企業の文化は一日にしてならずです。

いずれは作らないと衰退していくものです。

 

是非社内に人材を人財にする仕組みにご興味ございましたら
お問い合わせくださいませ。

余語まりあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります