医療現場のサービス・コミュニケーション研修 | 企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。


テーマ:

「歯科 フリー」の画像検索結果
歯科医院の課題を解決する方法として

弊社がご提案する「サービス・コミュニケーション研修」がございます。

 

歯科医院さんの三大課題とは
・自費診療率を上げたい

・予防ケアの患者さんを増やしたい

・女性スタッフの定着率

 

この課題を解決する研修が弊社が提供する
「サービス・コミュニケーション研修」です。

 

1か月おき3回を一つのシリーズにしております。

 

今日も岡崎の歯科医院様でこちらの内容を朝9時半~13時まで実施いたしました。

1回目の本日は

「キャリアデザイン」と「歯科クリニックのイメージ戦略」についてです。

 

キャリアデザインはスタッフお一人おひとりが直接患者様と接するこのお仕事を通して

自身のキャリアデザインの可能性を広げていただくこと

そして日々の仕事中に自分が輝くポイントがあることに気づいていただきました。
正直研修スタート時は少し硬い表情の方々が

皆さんの中にある価値をお互いに認め合うワークなどを行ううちに
お顔が和らぎニコニコ楽しそうなお顔に変わっていらっしゃいましった。
 

すると不思議

もっとこうなりたい!という内容をご自身で発表してくださるまでになられてました。

その後、研修場所をセミナールームから

実際の待合室などを見ながら

感性を磨くために患者さん目線になり色々五感を働かせるというワークを行いました。
日頃皆さんは何気なく観ていたり利用していたものに???を浮かべながら

色々な気付きをお伝えくださいました。
「歯科 フリー」の画像検索結果

この「気づく!」がとっても大事なのです。

 

人は本来色々好奇心も高いし興味もあるはずなのに

大人になるにつれ、見えているものも気づかず感じない様になってきてしまっていることがあります。

 

だからこそ一度フリーな感覚にして

感じる心を養わないといけないのです。

 

このような研修ワークはたぶん、他では行われないと思います。

 

研修は単に何か技術スキルを教えることではなく
一緒に作り上げていくものです。

覚えることを伝えるのではなく

サービスやコミュニケーションを感じる心を養えば

ケースバイケースに対応できるようになるのです。
 

今回は歯科医院でのサービス・コミュニケーション研修ですが

実は、美容系のサロンや飲食店や

全てのサービス・コミュニケーションが必要なところで実施しております。

 

どのようなない脳なのだろう?と思われましたら
遠慮なくHPのお問い合わせよりお尋ねくださいませ。

余語まりあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります