企業のイメージ戦略「女性のスーツスタイル」 | 企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。

男性のスーツスタイルだけではなく

女性のスーツスタイル、またはビジネススタイルが

女性活躍する世の中になり

益々需要が増えています。

 

ただなかなか悩ましいのが女性のスーツスタイル

 

男性ほどパターンが少ないわけではなく

ジャケットにしても色々な襟型あり

丈、スカートのデザイン、素材など考えてしまうことが沢山あります。

インナーとの組み合わせによっても違います。

 

言い換えればアレンジ次第で如何様にも自分を魅せることができるのです。

 

ただどうしてもリクルートスーツからまだまだ抜け切れず

ちょっとした自分流の着こなしまでアレンジ力が身についていないのが

現実だと思います。

 

それにはまず一番は自分を客観視することです。

 

意外に皆さん、自分の魅力に気づいてもいないし活かしきれていません。

本当に勿体ないです。

 

海外の女性を見るととってもビジネススタイルが個々の個性を発揮していて

センスに富んでいます。

 

それはもともと個性を客観視して魅せることを子供の時から学んでいることです。

でも日本の教育はどうでしょう、

 

制服などを着る機会が多い中

どちらかというと皆と一緒がいい!そんな中で自分を魅せることを社会に出て

体感することになります。

 

日々のビジネスで身にまとうものはあなた自身です。

それは女性も男性も・・・

 

同じ費用を使って服を購入するのであれば

自分がよりステキにみえ、仕事の成果に繋がる服装を戦略的に活かして欲しいものですね。

 

企業のイメージ戦略の1つで

今後、女性活躍推進が叫ばれる中

女性社員のビジネススタイルの需要はますます高まります。

 

企業のイメージ、業種、職種のイメージ

そして自分自身のイメージを知り

自分自身の個性を上手に融合したスタイルを出来る方は

仕事においてのセンスにも反映します。

 

余語まりあさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります