企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。


テーマ:

女性が働くのが当たり前になるとともに
増えてきたのが「女性のジャケット」
 

女性誌でもジャケット特集が増えて来ています。
「日経ウーマン」「プレジデントウーマン」
そして季刊誌の「OWN」
女性のビジネス雑誌がまさにファッション誌のようにジャケットスタイルの掲載が増えています。

表紙
表紙
PRESIDENT WOMAN 2017年9月号 小さい表紙画像
女性が働く歴史において職場でのファッションにも変化が大きいです。
女性と言えば「制服」が当たり前だった時代
いわゆる事務服というイメージがありましたね。もちろん今でも会社の制服があるところもあり
ある方が便利という声も多いです。

でも企業イメージに沿っていない制服だと勿体ないこともありますね。

私がご依頼いただく研修の中で「女性の為のビジネスファッション研修」というのがあります。
こちらは企業イメージに相応しく自分自身を効果的に活かし自己ブランドを確立するための
ジャケットスタイル、インナーの選び方、スカート、パンツ選び等々
女性が日々悩まれる仕事でのファッションについてその方の「骨格診断」「顔型診断」をもとに
行います。

色は企業が求めているイメージを一目に表現するもの
デザインや素材はあなた自身の価値と企業のイメージをわかりやすくするものです。

例えばジャケット一枚でも自分自身の骨格に合ったものを身に付けると

スタイルアップ、着やせ効果もあり洗練された印象になります。
もしあなたが、センスを売っているような仕事をされているならば
自分自身が洗練して見えるジャケットを身に付けていないと仕事とイコールになりません。

 

単に高いモノを買いましょう!ということではなく
自分の予算の中でより自分の価値をアップできるものを見極める目を養いましょうということです。

3万円のジャケットは時に3000円にも30万の価値にもなります。

そんな自社の企業イメージをそこで働いている女性のファッションで実現させ
業績に繋げていくのが弊社の「ビジネスファッション研修」です。
http://ys-effect.co.jp/woman_support/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

余語まりあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります