企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。


テーマ:

昨日偶然観ていた「世界一受けたい授業」

子供の脳の形成時に良くない事、ベスト5が出ておりました。

 

その中で自然に親が行ってしまうことの1つに

子供との会話のことが上がっていました。

 

「ママ、・・・・・・・・・・・・・」という会話に対してどう返しているか?

そこには傾聴の根底のことが言われてました。

 

そのやり取りの中で脳が正常に形成されないことがあると

知って驚きました。

 

もちろん、親子の会話の中で親を信じる、人を信じる

自分を信じる気持ちが形成されるのは感じてましたが

まさか脳まで・・・

驚きました!

 

そしてその一度できた脳が代わらないのかというとそうではなく

勿論若いほど、正常に整い出しますがやはり、その後の環境によっても違うと思います。

 

聞くということと聴くということの違いです。

音として聞いているのがほとんどで聴くには

耳を傾け、目で観察し心で感じることが必要です。

 

企業さまにおいても「傾聴」が本当に出来れば

営業も社内コミュニケーションも変わってきます!

 

ただ、これを個人任せにしてしまうことで企業の規模に合わせて

きちんと傾聴できるマネジメントできる人が必要になります。

「聴く」というのは

どういうことか?そこで何をしたらよいのか、弊社では

企業研修の柱として「傾聴力研修」に力を注いでいます。

良く社員さん側からのお声で、上長や社長が自ら聴いてくれる姿勢を感じられないから

話をしてもどうせ無理と想い会社にも期待しないし、仕事にも期待しないし

愛社精神も生まれないし・・・などということがあります。

 

しかし経営者側から思うととんでもないことで

「何かあれば言えばいいじゃないか?」という話になります。

 

しかし人は上下関係が出来ているところでは

聴いてくれる環境づくりとその中での会話のやり取りで

言わないという流れになってきます。
 

親子の会話を思い浮かべてみましょう!

 

自分が子供時代、わくわくした子供時代ならではの遊び

例えばおたまじゃくしを見つけに行ったり、友達と遊んだ話を

夕食時に話していて、その会話にうつる前に、所作のことで小言を言われたり

わくわくする話をしても、無視されたりかえって怒られたりすると

話すことがマイナスになり言うのを止めてしまいます。

 

会社でも同じことが言えるのです。

「ほー君がこうしてくれたのか?助かるわ」

「このことをもっと詳しく教えてくれない?」

「ここはどういうこと?」など

沢山質問をしてやり取りをすることでより内容もわかり

その時の感情も一緒に共感できることで人と人の距離はグッと深くなります。

 

企業において離職率や定着を気にされる前にまずは

お互いのことに興味を持ち耳を傾ける

傾聴が企業における営業もそして社内におけるコミュニケーションの源です。

 

弊社では「傾聴力研修」ということで

こちらにございます➡http://ys-effect.co.jp/training/
詳細はどうぞお問い合わせくださいませ。

<お問い合わせ>
http://ys-effect.co.jp/contact/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

社員ブランドの1つとして弊社では

「傾聴力」を身に付けることで

業績向上、社内コミュニケーションアップなどをお勧めしております。

 

例えば営業担当者の日報を見ると

毎日何件も訪問している経緯はわかるけれど

結果に結びついていない社員はいらっしゃいませんか?

 

また評価制度を導入してその際に上長と面談しても

毎年変わらない、お互いの目標に関して何か改善策が打てない

という面談を繰り返してませんか?

 

また社内でちょっとしたことがきっかけで

話難くなってそのまま、距離を置いてしまっている部下がいらっしゃいっませんか?

 

社長が社員と話をする場、例えば毎月社員の誕生会などを

行ってはいるものの、せっかくの機会を無駄にしていたりはしませんか?

 

その原因は傾聴力の不足からです!

どんなにITやAIが進んでも補いきれないのが

コミュニケーションです。

そして話をする、聴く、この繰り返しがコミュニケーションの原点です。

 

皆さんは学校で「聴き方」を習ったことがありますか?

学校で習った聴き方は「静かに聞きましょう」ということで

深く聴くことは教えてもらっていないですよね?

 

深く聴くとは質問をしていかないと深く知れないのです!

そうです。質問力を磨かないと相手のことを

本当に知ることが出来ませんし

営業先に訪問してもこの質問力がないと

潜在的なニーズを聴きとってくることは出来ないのです。

 

弊社はこの質問力を磨く研修も含めて

社員ブランディング研修を実施しております。

詳細は➡http://ys-effect.co.jp/training/#link_14

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年もミス・ユニバース・ジャパン愛知大会のビューティキャンプ講師をさせていただきました。
月末からは東京大会も始まります。

さて、このミスユニバース、通常、皆さんのミスコンのイメージはいかがでしょうか?

 

応募者は18歳~28歳まで

学生もいらっしゃればOLさんもモデルさんもタレントさんもいらっしゃいます。
ただほとんどが初のチャンレンジの方が多いです。

9月初め~当日までミスユニバースでは各講師により

レクチャーが始まるのですが
かなりの成長の過程を見ることが出来ます。
 

本当に人材が真の人財になっていく瞬間があります。
 

最初にお会いした際は全員で並ばないとミスユニバースには思えなくても

最後の頃にはひとり一人がその輝きを持つようになってきます。

そのポイントは自分を磨く意識とそのスキルを真摯に取り入れ行動していくかです。

 

先ず意識しとして自分がこうなりたい!ああでありたい!など

ビジョンが明確でないと進むべき道が見えません。

 

次にそのために必要な自己分析はじめ多角的に自分研究を̪し

演出の方法を学び、行動して

真の人財になっていきます。

先ずは意識、意識があれば人は変わる可能性はあります。

よく企業様でももうあきらめたり、どうせ・・など色々ネガティブな言葉も聞こえてきますが
意識づけ、動機づけがあるかどうかでその後が多いく変わります。

ぜひ、自分自身の可能性を自分で信じて、意識から!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)