企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。


テーマ:

企業のイメージブランディングの中で、個を意識して組み立てていく場合があります。
最近では、士業の先生方も自分ブランディングを意識されるようになっておりますね。
〇○弁護士法人事務所、〇○税理士法人、〇○会計事務所などのように
士業の先生お一人ではなく、複数いらっしゃる法人事務所にされていらっしゃるところが
活動を広げるにあたってなくてはならないのが「ブランディング」です。

私もよくお話をお聞きしますが、士業さんで法人事務所さんのブランディングにおいては
そこの先生、そうです!人のブランディングが重要です。
何故なら、士業さんの場合は資格を持っていらっしゃれば
そこに差があることはとても分かりがたく、わかるのはやはり人となりとか
見た目とかその人が発する全てからなのです。

その方のパーソナルを意識したものを考慮してブランディングする場合の
ポイントは3つあります。
1、自分の中から湧き出る強みであること➡力を十分発揮できるから
2、世の中のニーズに合うもの➡独りよがりではなく仕事に結びつくように

3、スキルの担保があること➡例えば信用&信頼が士業さんには重要だから

上記を踏まえてその方の魅力の発信を考えます。

その方を活かした場はどこか?
その方を活かしたものは何か?
その方を活かしたコミュニケーション方法は何か?など

あらゆる可能性に仮説を立てて考えます。
通常のコンサルタントさんですとそこで終わりの可能性もありますが
私は出来る限り実現へ早く近づける為に
その道筋を立てられるように、人脈やら情報やら色々と手繰り寄せて
繋がるようにしていきます。それがスピードアップにもなるのですが・・・

ただその際にその職業、士業さんなら士業さんならではの
リスクを想定することも重要です。

例えば今朝の情報番組での盛んに政治家のことが取り上げられてました。

それは政治家ならでは求められる人としての価値が必要だからです。

あらゆる可能性とあらゆるリスクも考えながら、リスクもそれに縛られることなく
対処する手立てを考えてご自身を活かした企業のブランドイメージを強めていきませんか?

士業さんもこれからは個人にフォーカスしたブランディングが
必須になりますね。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は女性のキャリア形成について学んできました。
「キャリア」と言う言葉がまだまだ特別なもの、仕事を指しているように
認知されていますが、女性に限らず人は生きてきた分キャリアが形成されています。

その中でも女性のキャリアは男性よりも多様性に富み
コースも様々なで、急に変わることも起こります。
例えば出産、子育て、介護などどうしても女性のほうが向いていることや

女性にしかできないこともあります。

そして一度途切れたキャリアと考えがちな仕事を一度おやめになられた方の場合
二度とキャリアを作れないと思われてしまう場合が多いです。

女性がキャリア重ねていく際に何より大切なのは
自分が生きた分だけキャリアがあり
それは過去も今も・・・

そこをいち早くブランド化して自分自身を活かす道を考えることです。
その時に必要となるのがこの「レジリエンス力」です。

事実は変わりません。捉え方と対処の仕方でその後の未来が変わります。
私などよく何にも困っていないし苦労もそんなにしてないし、
特にストレスになるようなこともない日々を送っているように感じられる方も

いらっしゃるかもしれませんが、毎日本当に色々なことの連続です。

子育て時代は子供が身体が弱くてしょっちゅう入院ですし
親の病気や諸々・・・思いだしたらきりがありません。

でもその時に浸れないからこそ、その場から上がる力を身に付けました。

仕事でもそうです。仕事をし出した頃、PC全くダメでした。
立ち上げるのがやっと、検索してみるのがやっと・・・そんな状態から
今はまず困らない状態までできますし企画書やチラシ、会議資料なども作成したり、
ビジネスに関して誰も教えてもくれないですしパソコン教室にも行きませんでしたが
なんとか出来るようになりました。

要は気持ち次第だと思います。
事実に浸っている気持ち、わかります。でも解決には至りません。
それならいち早くそこから、上がる思考と上がる工夫を自らすることです。

そうすることで自分に何かは蓄積されていきます。
とどまっていても人生、進んでいても人生

そして必ず月日は経っていきます。
その選択はあなた自身です。

私はこの「レジリエンス力」も今後皆さんの中に眠っている力を引き出せればと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、何かで「キラキラ起業女子」について書かれたものを偶然拝見しました。
アベノミクスで起業に対して国からの補助金が出たり、行政でも創業塾などを
開催したり、色々「女性起業」なるもの取り上げてられてます。

私もそういう場所で講演などをご依頼される場合もありますが
自分で女性起業家とおもっているわけでもありません。

そして女性起業家といっても本当に様々です。
パソコン1つあれば、どこでも場所は関係なく働ける時代において
その女性が「どのように生きたいか」で仕事スタイルも様々です。

ある方は「年商1億以上を望む」方もいらっしゃれば
ある方は「夢の実現とやりがいのため」と言う方もいらっしゃいます。
女性ならではの仕事もたくさんあります。

国の為というなら税金をより払うことが法人の使命ともいえると思いますが
女性の起業の場合はそれだけでは片づけられないようにも思います。

女性の自己実現に向けてはお金で換算できない効果があると思います。
例えば子育て中にその子供と向き合う時間を有効にするために
自分として過ごす時間も大切にするという考え方もありますし

介護に関すしでる費用を自分が親を見ると親子だけに身も心も疲れてしまうかもしれないので
外にお任せするための費用を捻出するなど

働き方が色々と言われているのであれば、
起業スタイルも多様化でいいのではないでしょうか?
そして起業がすべてでもありません。
向き不向きもあるかと思います。

女性として役割が向いているものが人生の中には沢山あります。
そして女性だからこそ脳の根本的な男性との違いで

色々なことを同時に出来るという能力があります。

だからこそ、それを活かしての働き方スタイルでいいのではないでしょうか?

その人その人の家族、人生観、夫婦の関係性、親子関係などすべてまちまちです。
その中でキラキラ自分の足で歩もうとするだけで素晴らしいのではないでしょうか。

キラキラ起業女子は自分のことをキラキラと思ってないと思います。
いつもどうしていこうか?考えているの様子を見ます。

私は起業をしようと思って始めた仕事ではなく
講師になった=起業したことに繋がったです。

起業だけが素晴らしいともおもっていなく
会社でずっと働いていらっしゃる方の様々な身についた能力は本当に素晴らしいなと
感じることもあります。

ダイバーシティや諸々他を認めて行きましょうという中
こういうのではないとダメとか決めつけていくことではなく
人が100人いれば100通りの人生があります。
その中で働き方も100通り、それでいいのではないでしょうか。

ひとり一人の人生においてちょっとでもキラキラ楽しい時間
有意義な時間がある人生を与えられるのではなく自分で築いていこうという姿勢
そこが一番、ステキな点なのではないかなと思います。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)