土浦市の接骨院|橋本院長日誌

接骨院・整骨院のぶっちゃけ屋が日記なんて書いていいのか?!
治療しても治らない…自己流の健康法じゃ治らない…などなど
現代の腰痛・首の痛みにメスを入れます。


テーマ:
勘違いが多いのでここで触れておきますが、

肩こりとは頚(首)背部の緊張による痛みの総称と
思われがちですが、ただの症状に付けられた言葉です。

症状名であってケガでも病気の名前でもありません。
接骨院はケガを診るところなのでケガでないものに
保険は使えないという事になるのです。

よく言われる肩こりとは、猫背が原因のものが多いです。
あと、寝違えを治さず痛みが引いたからと骨格が治ったと
勘違いをして何回も繰り返している方に多い症状です。

猫背特有の両肩が下がって見えるのは両方の肩が前方に
転位してるためですね。腕の付け根である肩(ショルダー)が
内側にねじれてる現象です。

この両肩が前方に転位していると人間は頭部を後ろに誇示
出来なくなります。
無理に後方に引くとアゴ周辺の肉がたるむはずです。

頚部(首)から上の頭部が前方に転位するとどうなるか、
理解出来るでしょうか?

人間の頭はそれ単体で女性でも3~4kg,男性は小顔の人でも
4~5kg,普通だと5~7kgあると言われています。

この重さが前方に傾く分、僧帽筋群の上肢体全体に負荷を掛け
前に向かって弓を引く姿勢(頚背部の骨格)が正常なのに対し
猫背の人は
後に向かって弓を引くように姿勢(頚背部の骨格)を変位させます。

自分自身の背部・胸部の筋肉を正反対に負荷を掛けまくっている
わけだから、おのずと背部の筋肉を張らせて、突っ張らせている
だけと気付くはずです。

この姿勢で頭部が前方に常にある状況が続くと
ただの猫背にストレートネック(頚椎の湾曲が出来なくなった状態)が
プラスされ相乗効果により激化を辿ります。

余談ですが、猫背が普通になっている女の子は胸の筋肉である
大胸筋に力を入れる事をしなくなるので運動を定期的に行う高校生活が
終わるとTOPが誇示出来ずブラに頼るだけですぐ垂れます(笑)

猫背がより悪化すると昔のお婆ちゃんに多かった腰を曲げたまま歩く
人って言えばイメージ沸きますか?

あの状況にある背中は【亀背】という変位が発生しています。
背骨の背びれとでもいいますか、ゴジラの背びれをイメージして下さい。

アレが退化したとは言えモリモリになって見えてしまう現象です。
ここまでの連鎖が発生してしまうと、もう手の施しようがありません。

日本人て不思議な生き物で、もう治らないとされるまで放置して
激化してどうにもならなくなってから初めて治したくなる。。

【私だからまだ治る見込みがある】とか
【不可能も可能だよ】とか

何でもコンティニュー出来ると勘違いをしている傾向が大ですが
治さないといけない時に治さないで治らないとされてからやっと
重い腰をあげて【何で治らないの?】と理不尽な事を言います。

うちの日記のいろんなところで書いていますが、
人間の身体はパーツ交換は出来ません。

出来たとしても変形が酷くなった膝や股関節の交換ですが
医者も容易にやってくれる手術ではありません。

パーツ交換出来ないという事は、どれだけ早く治そうとするか?
ここに掛かってくるのではないですか?

そういう意味でも猫背は早い対応が必要ですね。

でも、ただ猫背治したいんですっていうとそれ【慢性疾患】の枠に
入るので保険効くのは整形外科だけになっちゃうのですよ。

てことで当院の場合はただ猫背なんですっていう患者さんは
診ておりません。ただ肩こりって人も同様です。

寝違えを併発してくると寝違えを治す工程中に
治療効果が猫背にも反映するので治療可能となります。

続きはまた後日…。

 |  リブログ(0)

テーマ:
<これは個人の日記であり、特定の人を誹謗中傷しているわけではありませんので
ヘタなコメントは受付ません。管理させていただきます。>

当院では慢性の疾患は診ておりません。

なぜなら、治療スパンも治療スタンスも
自分勝手にテキトーだから 嫌なんです(笑)

何よりも 保険組合の決め事でやっては
いけない行為なんですよ~。

今までどれだけの肉体疲労を抱え
今までどれだけの回数痛めてきて
今までどれだけ中途半端な治療をして
今までどれだけ自己中に終了してきて

「治してくれないと困るんです!」

ってなんで言えるんですか?

慢性の方で

自己疲労度 300%くらいあって
痛めた回数覚えてないくらいあって
全く治してないのに放棄してあって
肩こりも首も酷いんですって
自己修復能力も限界にきてて

ここまですごい人の身体を

「何回で治してくれますか?」って

保険使ってやる領域では無理っしょ?(笑)



さて 最後のページですが

慢性症状のある人は、急性の症状が出ていても
慢性疾患と勘違いする場面もありますが

本気で首が動かないものは それ急性疾患といいます!

そこを理解して読んでくださいね!

続きはここから↓↓
__________


急性期の寝違えの患者さんは神にもすがりたい気持ちで来院されるので
横が向けないとか下が向けないとかいろいろですが治療して効果がわかると

その場で現状の首をいかに最速で治したいかを先生が理解してくれた!
本気で治すために通ってくださいます!


だから、急性期の寝違えの症状が起きたら お越し下さい。

それ以外の ただの マッサージの一環としてしかとらえようともしない
(患者ではない、それはお客という)一般的に慢性的な人の矯正は有料です。


どうしても治したいけど慢性の肩こりと慢性の首の痛みを何とかしたい!
どうしても治したいけど慢性の腰痛を何とかしたい!

と言われるならば実費負担のみ受付ます。

保険外の矯正です。  保険診療は適用されません。

安静時の首の筋肉の緊張度を診れば慢性か急性かわかりますので
慢性の人が嘘をついた場合 保険外の初診料を支払って頂き即 お帰り頂きます。
2回目はありません。


保険外の有料矯正(首)ならば 初診料 1万円 2回目から7000円です。
保険外の有料矯正(腰)ならば 初診料 5千円 2回目から3500円です。


ただし、いつまで掛かるかは その人の壊した回数とか
努力もありますので一概に言えません。


慢性で保険外の矯正を申し出る人へのご注意:

・必ず15分矯正をするとは限りません。
・矯正手技は1日で一定レベルまでの事をして終了するので10分の人も20分の人もいます。
・治療終了宣言をします!無断で途中放棄した患者さんは次回+1000円です(笑)



急性期の寝違えや腰痛の患者さんらならば治療終了まで掛かっても1ヶ月位ですが…(笑)



さて、皆さんならば どうしたいですかね?


簡単な事ですが 当院では 

慢性症状の方の 無料矯正は行っておりません。
慢性症状の方の 治療もしておりません。

交通事故以外の保険による 全身マッサージもありません。
実費負担の場合でも      マッサージはありません。 矯正です!

最速で治したいか 治したくないか は各自が決める事ですし
楽になりたいだけの治療といわないものへの処置もありません!


原因を元から絶てば 肉体疲労以外でのそういった症状も序所に改善出来るものです。




尚、同業者の視察はおやめください。 患者に失礼です。




ここから他社の広告です!当院とは関係ありませんので
お間違えないようお願いします。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
_______________________________________________
 |  リブログ(0)