今年2回目の闘病日記 | 土浦市の接骨院|橋本院長日誌

土浦市の接骨院|橋本院長日誌

接骨院・整骨院のぶっちゃけ屋が日記なんて書いていいのか?!
治療しても治らない…自己流の健康法じゃ治らない…などなど
現代の腰痛・首の痛みにメスを入れます。


テーマ:

はーい(^^)/ 2018年11月です。

ほぼ半年ぶりの日記です。

 

お久しぶりです。院長の橋本です。

 

現代の奇病 「難治性皮膚潰瘍」

と、闘い続け、4年4か月(;´・ω・)アセアセ

もうね、痛みやばいッスよ。

 

仕事を休業して今月末で【2年と7カ月】。

ずっと闘病生活を送っております。

 

あと半年頑張ろう的スローガンを毎回

書いていましたが、すぐ治らないと判明。

 

仕事休業期間だけで【5、6年は必要】くさいです。

皮膚が治っても指とか関節が固まってしまい

動かないのでリハビリがまたパなそうです!

 

仕事への完全復帰がある意味絶望的かも

ペンギンのようにしか歩けない。切ねー。

 

最近は、かかってる病院で主治医の助手の

先生のコシをピピッと治したり、あほな手技を

披露してます。

 

足がやばいと家から出れないのではなく

トイレ行くだけでも松葉杖が必要で、

激痛と格闘しています。

 

痛み止めの量が常人の○0倍飲んでもやばいとか、

碌な事ありません(´;ω;`)

 

いきなり良くなることもない病なので

まったりのんびりやっていくしかないですね。

 

このところ悪化傾向にあるので家から出れないですが

なんとかがんばって生きてます。|д゚)ノシ