奇跡を当たり前にするストレスクリアコーチング

奇跡を当たり前にするストレスクリアコーチング

自分が自分であることが悦びとなるメソッドです♬

こんにちは

 
 
 
ストレスクリアトレーナー
福井あけみです
 
 
 
いよいよ本格的な暑さに
なってきましたね
 
 
 
どうぞ熱中症には
気をつけて下さいね
 

 
 
さて今日は
以前の自分を振り返ってみようと
思います
 
 
 
 
ずいぶん昔のブログには
よく書いてましたが
 
 
 
最近はほとんど
以前のことには触れていませんでしたが
 
 
 
この前ストレスクリアの
勉強会では
人生曲線というものを
書くワークがありました
 
 
 
 
自分の人生を振り返って
気持ち的なものを
プラスマイナスに例えて
曲線で描いてみるのです
 
 
 
 
これってすごく面白いです
 
 
 
自分の人生を
客観的に見て
グラフにするのです📈📉
 
 
 
出来上がったら
コーチ仲間とシェアします
 
 
 
これが新鮮な驚きでした!
 
 
 
その人の人生ドラマを
見せてもらっているようで
なぜかとても親近感が
グッと深まるのです
 
 
 
こんな大変な思いをして
今目の前に存在してくれているんだ〜
 
 
 
とても感慨深いものに
なりました
 
 
 
 
私の人生曲線を説明し終わると
みんなが
まるでドラマみたいという
感想をいただきました
 
 
 
まぁそれぐらい
激しい人生なんですよね
 
 
 
そんな人生を
なぜ私は生きているのか?
 
 
 
誰もそんな人生を
生きたいわけじゃない
 
 
 
どうして私だけ
こんなに辛くて大変なんだろう
 
 
 
何度思ったかわからない
 
 
 
 
しかも
誰も教えてくれなかった
 
 
 
どうしたら良くなるの?
 
 
 
 
自分の力でなんとかしたい!
 
 
 
 
その為には
どんな努力もする!
 
 
 
がんばってがんばってがんばったけど
うまくいかない
 
 
 
途方にくれましたね〜
 
 
 
 
そんな不毛な時代を経験して
ストレスクリアに出会ったことで
人生は激変しました
 
 
 
私は約20年前に
突然脊髄腫瘍を発症して
ありえないほどの痛みに
苦しみました
 
 
 
当初は脊髄腫瘍だともわからず
 
 
 
なんどMRI検査を受けても
病名がわからないという
状態でした
 
 
これも辛かったです
 
 
 
痛みが出だしたら
この痛みが天井知らずで
どこまでも痛みがきつくなる
 
 
 
我慢していれば
収まるものではありませんでした
 
 
 
これがものすごく怖くて
じっとすることも出来ない
どうやっていても痛い
自分の体がどうなってしまうのか
助けてもらえるのだろうか
 
 
 
不安も次から次へ襲ってくる
 
 
 
救急車を呼んで
救急できつい痛み止めを
点滴してもわらわないと
痛みを止めることが出来ませんでした
 
 
 
 
先生に事情を話して
一刻も早く打ってほしいけれど
 
 
 
いかんせん
病名がはっきりしていない
 
 
 
そんな私に
きつい痛み止めを打つのは
相当慎重にしないといけません
 
 
 
 
叫びたいほど痛いけれど
取り乱したら打ってもらえない
 
 
 
頭がどうにかなりそうになりながら
必死で先生に訴える
 
 
 
なんとか痛みが引いて
帰るけれど
もう意識はフラフラです
 
 
 
帰ったら
まだ小さい子どもたちを
待たしていました
 
 
 
家のことをなんとかして
無事眠れるだけで
有り難い
そんな毎日が10年以上続きました
 
 
 
 
この時には二度と戻りたくないけど
 
 
 
渦中はなぜこんな苦しい人生なんだろうと
問いかけたことが
何度あっただろうか
 
 
 
長くなりそうなので
今日はこのあたりで終わります
 
 
 
また続きかきます
 
 
 
本日は最後までお読みいただき
ありがとうございますイエローハーツ
 
 
 

■提供メニュー■


image