リビングの壁面へシェルフを造作。

 

 

端から端、上から下まで造り付けだとぴったりに製作できます。

 

 

キッチン側にはラックを造作。

 

 

杉板で雰囲気も変わりました。

 

建築士に義務付けられている定期講習を受講。

3年に一度受講の義務があります。

一日ぎっしりですが、目まぐるしく変わる制度についていかなければ。

試験もあるので気が抜けません。

開成町の瀬戸屋敷にある水車小屋。

杉皮屋根の葺き替え工事。

杉皮を葺いて竹で押さえました。

 

「長く住み続けられる住宅」として認定される長期優良住宅。

足柄上郡の場合は本庁まで出向いて認可を取得しなければなりません。

 

 

申請、受領、完了報告とすべて神奈川県庁へ行かなければならず大変ですが、認定取得。