犬原くん 誰でもいい なんて | 恋とか不倫とかHとか

恋とか不倫とかHとか

これまで私に関わった人達のことの
あることないこと せきららに綴ります。

名前は仮名です。
昔々1990年代のバカな女の話です。
不快な思いをされる方も多いと思います。
申し訳ありません。


テーマ:
N藤所長と会った 翌日

私は 犬原くん と
犬原くんの同僚さん たちと一緒に飲む約束をしていた

待ち合わせした 居酒屋 で
手をふる 犬原くんの笑顔が かわいい なんて思う

犬原くんは
「俺の彼女です」 と紹介してくれて
嬉しくなる
同年代の 集まりは 賑やかで 楽しく お酒が すすむ

座敷の テーブルの下で 犬原くんは
私の 手を にぎる 
私たちは 指を からめる

時々 みつめあう 私たちは
ひやかされる

犬原くんと一緒にいる この心地よさ は これはこれで 愛なのかも しれない

犬原くんのアパートで
私は 犬原くんに 抱かれる

昨日 N藤所長が すみからすみまで
愛撫し 口づけた 私の 身体を

今 犬原くんが 上書き するように ふれ 口づけている

犬原くんの 指使い が
N藤所長と 少し似ている ところがある なんて思いながら
目をとじていると

酔い と 快楽 のせいで
私は 今 どこにいて 誰に 抱かれているのか わからなくなる

目を あける と

近くにいた チョコ と 目が合う

私の上に のっているのは
犬原くん だ

私は 「犬原くん、、」 と 確認するように 呟く

私は その時
快楽に
身体も 心も 委ねながら

こんなに 気持ちが いいのなら

相手など 誰でも いい のでは
ないか
なんて思ってた

Y山T美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス