Q:横浜港のクルーズ船寄港の約9割は発着で、その前後に市内での宿泊や観光が期待できる。アフターコロナの市内経済の活性化に向けて、クルーズ船で訪れた観光客の対応をしっかりと行なっておくべきと考えるが、

みなとみらい21地区周辺の臨海部における観光対策について伺う。


副市長:サークルウォークとハンマーヘッドを結ぶ新港歩行者デッキの整備に着手します。これにより、桜木町駅からロープウェイを経て海に至る歩行者ルートが形成され臨港パークや赤レンガ等への回遊性が向上します。また、臨港パーク先端部の整備に着手しベイブリッジやウォーターフロントの景色を堪能できる新たな観光スポットを創出していきます。


臨港パークの水際線

赤レンガ倉庫からクルーズ船を臨む

ハンマーヘッド(日本初の港湾荷役専用クレーンとして土木遺構に指定される)