800px-Chernobylreactor20140320.jpg
ウクライナのチェルノブイリ原発で再び事故が発生したとの情報が入ってきました。事故が発生したのは変圧器で、小規模な火災が発生したとの事です。この火事を受け、チェルノブイリ原発では全ての作業を緊急停止しました。
チェルノブイリ原発は石棺の機能を維持するために、今も様々な機材などを使用しており、改めて原発事故の大変さというものを実感させられます。

チェルノブイリ原発の今は福島原発の未来であるとも言え、同じようなことが将来の日本でも発生することを覚悟しておくべきです。特に電力会社の方々には、その事を強く意識して欲しいと思います。
*ウクライナの騒乱でチェルノブイリ原発が疎かになっている可能性も?


☆チェルノブイリ原発で再び事故
URL http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_19/269873019/

引用:
チェルノブイリ原子力発電所が緊急停止した。専門家たちは、変圧器で火災が発生した可能性があるとの見方を示している。復旧作業には、電気技師が参加した。

チェルノブイリ原発広報部によると、事故が発生する前、変圧器の稼動状況に問題はなかったという。

 1986年4月26日、チェルノブイリ原発で死者、負傷者、経済損失において原子力エネルギー史上最大級の事故が起こった。そのため同原発の技術的問題には世界中が高い関心を示している。チェルノブイリ原発の事故は、広島や長崎に投下された原爆とは異なり、放射能で周囲を汚染する非常に強力な「汚い爆弾」の爆発を髣髴させた。

世界エネルギー生産の展望より
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_19/269873019/
:引用終了

☆チェルノブイリ原子力発電所事故
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85

引用:
チェルノブイリ原子力発電所事故(チェルノブイリげんしりょくはつでんしょじこ)とは、1986年4月26日1時23分(モスクワ時間 ※UTC+3)にソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。後に決められた国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類される事故である。

爆発した4号炉をコンクリートで封じ込めるために、延べ80万人の労働者が動員された。4号炉を封じ込めるための構造物は石棺(せきかん / せっかん)と呼ばれている。

事故による高濃度の放射性物質で汚染されたチェルノブイリ周辺は居住が不可能になり、約16万人が移住を余儀なくされた。避難は4月27日から5月6日にかけて行われ、事故発生から1ヶ月後までに原発から30km以内に居住する約11万6000人全てが移住したとソ連によって発表されている。しかし、生まれた地を離れるのを望まなかった老人などの一部の住民は、移住せずに生活を続けた。

放射性物質による汚染は、現場付近のウクライナだけでなく、隣のベラルーシ、ロシアにも拡大した。
:引用終了

☆「チェルノブイリ原発事故」ザ!世界仰天ニュース