3ヶ月。

テーマ:


とあるベンチャー企業で働いて3ヶ月。そして退職。

次になにをするか?って話も重要だけどまずは振り返りから書いてみよう。


まずなにが引き金になって辞めたかってこと。

理由は考えればたくさんある。自分の至らなかった点もある。

その会社はいいところもたくさんあったし、辞めた理由を書くことで会社の悪口みたいになってしまってもよくないからあえて書かないことする。


逆に入社して学べたこと、よかったことを書いてみよう。


○マネジメント

『自分が上に立った時のモデルが明確に決まったこと』


どこの企業でも同じように、尊敬される上司もいればそうでない人もいるものでしょ?


僕の働いていた企業は、

▲社員も多くが20代で上司も若いということ。

▲営業会社ということで基本的には数字を残せば上に上がるシステムを取っていること。

という2点の特徴があるため、それが他の企業より顕著に表れていたと思う。


ただ運がいいことに、僕の直属の上司は間違いなく上からも下からも最も評価されている上司だったんですね。これはそのまま模倣すればいいなと。


『自分が上に立った時のモデルが明確に決まったこと』

これが1つ目の収穫。



○人脈

人脈なんて大それたモノではないけど、同じような志を持ってる仲間を見つけたこと。

もともとこれもベンチャーに入った理由の1つではあったわけだけど。

この「志」というのはつまり『起業』。

彼は行動力もあるし、実際に全国で1、2の成績残してたからその辺はパートナーとしては申し分ないのではと思ってるけど。

そんなことより、僕のほうが大丈夫か?って感じではありますが。


まぁ考えれば色々あるんだろうけど、今考えながら漫喫で時間に追われて書いてるんでこんなもんで終わりにしておこうかと。



社会人編第2部、個人事業主編もしくはCEO編に続く・・・?