お墓の所有者が悩んでいること

お墓の所有者が一番悩んでいること、それは「継承を行う人がいないこと」です。

 

もちろん「維持管理費の問題」も"お墓"についての悩み事アンケート調査でも、意識が高い大きな悩み事ですが、それ以上に継承をする人がいないことはもっと大きな問題です。

リンク:お墓の所有者が悩んでいること、1位は? - 2位は「お墓の維持費」

 

お墓の管理をさえている方に、子どもがいなくて、ご先祖のお墓が承継できない場合、親戚筋が辿られ、どなたかが「お墓の処分をしなければなりません」

もちろん費用も必要となります。

実際に「親戚ですら、誰が供養されているか分らないお墓を一応血縁があるからということで処分」をお願いされる場合が増えております。

 

人口が減る以上、将来のお墓の処分や合同供養はこれからも増えて参ります。その時になって戸惑うのではなく、自身や家族の現状確認が大事なのですニコ