少子高齢化と都心への移住で「田舎にあるお墓の管理ができず、墓じまいを行う方」が、5年で3割も増えています。

 

終活の一環として「お墓・仏壇」の継承・管理・処分などの課題が取り上げられ、将来残される子どもや親せきの負担にしたくないと、事前に調査・行動を起こされる傾向があります。

 

そしてお墓は「購入・処分だけではなく、お寺様への離檀料の問題」もございます。

 

下記の日経新聞記事には早めの行動で、心の負担を軽くできたという「一般の方の意見」がありますニコ

 

家族と自身の心のゆとりを考え、事前に生前整理・仏事のことなどを考えることが人生を豊かにする1つの方法ではないでしょうか。

 

※日経新聞記事

墓じまいが「終活で急増」 跡継ぎ不在問題・仏壇整理も

 

リンク:生前整理普及協会はこちら