社会の「変化から逃げない」

現在の年間死亡人口は「130万人」を超え、我々は多死社会と呼ばれる時代の中にいます。

 

1日で行われているお葬式の平均は、東京都で300人・名古屋市で60人・大阪市で70人にもなります。

 

実は身内にご不幸が起こっていないだけで「近所のおじいちゃん、おばあちゃんは、もしかするとお亡くなりになっているのかもしれない」

 

そのような世の中で私たちは生きています。

 

行政も今まで以上に、高齢者中心の社会に合わせた「法律・仕組み」に変化をさせていくことになります。天皇陛下も事前に事業継承を行う時代です。

 

「社会の変化」から逃げないことこそ「人生を充実させる唯一の方法」なのかもしれませんニコニコ

一般社団法人:生前整理普及協会はこちら

生前整理のお問い合わせはこちら