色々な「供養の形」

お葬式が終わった後の供養方法が多様化しております。

 

従来の「先祖代々のお墓」ではなく、納骨堂(納骨檀)・散骨・樹木葬・合同供養など、ここ10年で様々な形の方法が一般に知られるようになりました。

 

中には「ゆうパック」で郵送してしまい、郵送先のお寺様で供養をする方法も…ガーン

リンク:「ゆうパック送骨」から「架空墓」まで、激変する墓事情と気になる値段

 

これには賛否両論がありそうです💦

 

今回、何をお伝えしたいかと申しますと、

 

【弔い方の選択肢が増えたことで、予め自分自身・家族が選択しなければならない時代】となったことをお伝えさせて頂きたいのです。

 

従来の様に、大切な方のお骨を「先祖代々のお墓に納めることが、必ずしも良い選択とは言えない時代になったのではないでしょうか?」

【地方から都会への移住・お墓の管理者の問題・お寺様との付き合い方等】

 

今は大丈夫。ですが5年後・10年後は「本当」に大丈夫でしょうか?

事前に整理をすることが必須である時代が既にきております。

一般社団法人:生前整理普及協会はこちら