イギリスでは「楽しい葬儀」というものが、広がりをみせていますニコ

リンク:イギリスの「楽しい葬儀」が人気上昇中!

 

死を従来の「悲しいもの・厳粛な中で行うもの」という考えを無くし、

 

「故人の性格にあった楽しい見送り方」を大事にする。

 

葬儀会社のCo-op Funeralcare(コープ・フュネラルケア)によると、ユニークな葬儀の依頼はこの3年で21%も増えており、虹色や、100本の赤いポピーに飾られた霊柩車、霊柩車の代わりにランドローバーを使うなど、様々な形が存在するとのことですニコ

 

中には、マクドナルドが大好きだったお子様の葬儀には「霊柩車でマクドナルドのドライブスルー」に立ち寄った事例もあるそうです。

 

このような葬儀の在り方の変化が起こっているのは「事前に計画し、友達や家族と自分の希望を話し合うことが、いかに大事であるか」の現れです。

リンク:生き活!生前整理普及協会はこちら