お医者様が語る視点は一般の方が知らない側面を持っていますニコ

 

作家・医師の久坂部 羊 氏は「健康で長生き」というイメージこそ、幻想の最たるもので、現実には年をとるにつれ、あちこちの機能が低下し、トイレに立つにも躊躇する日々が待っている。ものを飲み込む機能も衰えてきますと語られています。

また辛い現実だからこそ、プロの医師ははっきりと伝える必要があると仰られています。

リンク「健康で長生き」は素人の幻想に過ぎない :プレジデントオンラインより

 

人は必ず死を迎え、そして病気になったら助けてくれるであろう医療をお願いするのには限界がある。医療者、患者の双方が辛く厳しい「不都合な真実」を直視することで、私たちは医療幻想から脱し等身大の医療を実現できるのだと語られています。

 

これらのことから、従来のお医者様の支えももちろん大事ですが、何よりも対象者の向き合い方と家族の支えがあってこそ、生前整理・家族の将来・次世代への継承を考え向き合うことができるのではないでしょうかニコ

 

一般社団法人:生前整理普及協会はこちら